店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 31日

定期的な入れ替え

e0030939_18452437.jpg今日の店じまいは、今日で45年の歴史を終える、新宿・佐々浪(ささなみ)薬局。
名の由来は創業者が佐々浪富太郎というお人だからだ。
京都は河原町に本店を持ち、東京に支店を3店舗。
どの店も「最大よりも最良の薬局」を信条としていた。

























昔のワイドショーみたく、すりガラス越しでご主人は怒っていた。
「もともと大阪で薬局やってましてね。
 店をつぶしたんですよ。で心機一転、上京して支店やらせてもらって」

実際、支店もそんなに長くは続かないと思っていたらしい。せいぜい2~3年だと思ったら早や
45年。ほかの薬局にはなくてもここに行けばあるという品揃えにかけてはピカイチな店
だった。
今までいろんな店が出店しては消えた。
しかしこの2年の移りかわりは異常だったという。

「マイシティをルミネが買収したでしょ。
 ルミネ・エストに変わってオーナーが替わったんだよ。それから。
 えっ結構、立ち退きにあったんですかだって。
 結構なんてもんじゃないよ。2年で数百軒!
 うーん、なんかビルの対象年齢が14~25歳の若い人を対象にしてるんですよ。
 だから合わないところはどんどん、ね」

(このお店もそうなんですか?合わないからとかっていう理由で?)

「なんやしらんが、去年から言われてたんですよ」

この薬屋さんを取り囲むお店は、若い人向けの服のお店ばかり。
その店から否応なしに聞こえる、大音量の音楽の中、それに負けじと声を張るご主人。

「この音。だいたい、音がうるさいでしょ。もう、ついていけないんだから。やっていけない 
 よ。ブティックかなんかしらんけどうるさくてかかってきた電話も聞こえない。もっと業態
 変えればできるけど」

(あ~マツキヨみたいに?)

「(それには答えず)うちらみたいに細々とやってきた店に業態変えろなんてできっこない
 んだ。とにかく、うるさくて営業もできない。
 前はお店が終わるの9時だったけどビル自体の営業が1時間延長して10時になった。
 いや別にやらんでもええけどお客さんが少なからず来るからね。
 だから10時まで、やっていきたいけど大宮とか遠いところに住んでいる従業員はお店
 終わってなんやあと整理してたら終電終わったゃうからね。
 10時になってからずいぶんやめていった人も多いよ」

閉店はオーナーからの勧告もあったが、
お店としてもここでの営業は限界と感じていたようである。

e0030939_18515433.jpg


(けどお客さんはこういうおしゃべりを楽しみに来る人も多いのでは?)

「別に処方箋もらうところなんていくらでもあるし
 だいたい、店頭でしゃべるなんてそんな時代じゃない
 今度はもっと規制緩和で電気屋さんが薬置くっていうじゃない」


(この31日終えたら?)

「大阪帰ります
 ええ廃業でね。・・・うーんまあもしかしたらやるかも。
 でもとにかく、ここじゃやっていけないですよ」














下し気味なので下痢止めを買う。
e0030939_1920879.jpg





これを全部飲んだとして、調子がよくなったとしても
雪崩のように起きる閉店を食い止めることはもちろんできない。


相変わらず音楽とギャル店員の声が響いている。













ルミネエストのホームページによると、この1月31日だけで15店舗が閉店。
電話して受付のお姉さんに「けっこう閉まる店多いですね」と聞くと、
何のためらいもなく、あっさりと答えた。
「そうですね、定期的に入れ替えしてますんで」
[PR]

by misejimai | 2009-01-31 19:32 | 薬屋さん


<< 青山・高樹町フランス亭      銀座の猫の物語 >>