店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 05日

院長はおじいさん

今日の店じまいは東大井の小栗動物病院。
e0030939_23112877.jpg























去年の9月に閉院した。


外観
e0030939_2313226.jpg

院長はおじいさん

症状がひどくて他では診てもらえない動物も快く引き受けてくれた
彼の手によってずいぶんと命を救われてきた
そんな院長も病気で去年天国に召された
体調を崩し、たびたび休業していたがついに力尽きた
救われた多くの動物たち

思えば腕の良い獣医というものは
単に命を救うだけではなくて
飼い主とのコミュニケーションに長けている人だ
普段どう暮らしているか どう愛されているかを的確に聞き出し
治療に生かす
飼い主の想いもすくいとってあげる
あなたの飼ってた動物はあの頃のように元気ですか

最後まで投げ出さない獣医の真摯な姿
単にパートナーとして動物を傍に置いていた飼い主も
改めて自分と自然、動物との関係を見直す
ひいては自分も動物であることを知る
ここは命の教室
今日も壁から、助けられたあの犬が人待ち顔してこっちを覗いてる
命の恩人が今日も空から見守っている


e0030939_07508.jpg
[PR]

by misejimai | 2007-03-05 00:30


<< 「体力がないとわがままになるね」      報告 >>