店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 29日

バトル・ロワイヤル

今日は久々、サイトの閉鎖文。
主は、俳優・高岡蒼甫(そうすけ)。
映画「パッチギ!」で、沢尻エリカの兄として、また朝鮮学校の番長として好演した男優。
「バトル・ロワイヤル」にも出ている。
そんな彼のブログの閉鎖文。


高岡蒼甫
疲れてしまいました。暫く自分現れません。
一部の応援してくれてる人には申し訳ないですが。ごめんなさい。
見れてないコメントもいくつかあります。せっかく書いてくださったのにすみません。
消去しました。応援コメントもいくつか拝見させてもらいました。ありがたいです。

真剣に批判してくれた人もたくさんいました。それは真摯に受け止めます。
申し訳ありませんでした。

ですが中にはまったく意味がわからないコメントも残されたりして、サイトに出入りしている人しか読めない暗号みたいな言葉があり正直頭を悩ますし、わかりません。
自分の身内のことや自分が関わった人間のことを罵倒され。
変な絵文字みたいなもので中傷され。
やはり自分はあのサイトの『一部』の常連さんたちを肯定することはできなさそうです。

一時期そのサイトの『一部』の人に映画のことで批判されたことがありました。
それは人それぞれ感じるものがあるし賛否両論あることは仕方がないと思いました。
けれど中には本当に恐ろしいことを書く人間もいるってそのとき初めて知りました。
その時期は正直死にたいなって思うことも何度もあり、仕事にならず病院にも通いました。
ほんとに嫌になりました。それからそのサイトの名前を聞くのも嫌になりほんとに恐ろしい
時間でした。すごくびびったし外にも出たくない、どうしようもなく自分が情けなかったです。

けれど今自分のまわりには信頼できる人間がたくさんいます。すごく幸せです。筋違いと
言われるかもしれませんができればそっとしていてください。もうまわりに迷惑をかけたく
ないので。お願いします。

役者という立場にある人間が影響力のある公共の場で軽はずみで不適切な発言がありましたことを心からお詫び申し上げます。



宮崎あおいとの同棲が発覚するやいなや、
2ちゃんねる内で、あおいファンの住人に怒涛の非難を受けた高岡。
だが、その非難に対し挑戦的とも言える内容(「たまには太陽浴びろよ」など)を
自身のブログに書いたことでさらに高岡バッシングが激化。2ちゃん、そしてブログのコメント欄にも彼を中傷誹謗するコメントが相次いだ。
結局この7月24日、高岡はブログを閉鎖。上の文章はそのとき、彼が最後に書いた挨拶文。
どうせなら、このまま2ちゃんねらーとガンガン罵倒しあい、やがて生まれる友情を
分かち合い、その記録を本にすれば売れただろうに。

4歳でデビュー以来、着実にキャリアを重ねてきた宮崎、初の熱愛発覚。
2ちゃんねらーからのバッシングをスルーすればよかったのに、カッと熱くなってしまった
高岡。

宮崎「あおい」。高岡「蒼」甫。どっちもまだまだ青いということか。
あんまりうまくないな

[PR]

by misejimai | 2006-07-29 08:32 | サイトの閉鎖


<< 電車でチラ見した本の一行      人情はそこにあるものではない >>