店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 26日

叩き売りと彼女の靴

e0030939_17372865.jpg花粉が鼻をおびやかし、影がいつもよりくっきりと
見えたこの日、広尾の靴屋さんが閉店セールを
していた。
店先に靴を並べて1000円から3000円ほどで
売っている。

2代目だというおじさん。家賃が払えず、やむなく
閉める。問屋もどんどんつぶれているという。
貼り紙は昨日まではあったという。残念。

この一角は、おしゃれな広尾に最後に残された、
戦後の雰囲気を今に伝える場所あった。
左隣はおもちゃ屋、そり隣がレコードショップの
跡地、今は駐車場。その隣はせんべい屋。







e0030939_1746090.jpg親子が靴を物色している。
娘さんが母親に「お願いします、お願いします、
頑張ってお茶の水入るから~」と、なにやら靴をせがんでいる。
お気に入りの茶色の靴があったようだ。だが少し
サイズが大きいようだ。

それまで何足も買っているので、母親は少し
ためらっている。だが、2000円という安さに、
どうしてもきっぱりと断りきれない。
父親から「学校によってはだめなんだよ、指定が
あるから」とたしなめる。

娘の懇願に根負けしたのか、扉もシャッターも
何もないあけっぴろげの店の中でサイズ違いの靴を、探し始めた。

「茶色の22、あったよ」
「お~!ナイス、ママ~」


こうして娘さんはお気に入りの一足を見つけた。
おじさんに直接2000円渡し、おじさんは「これで靴屋さんできちゃうね。どうもありがとう」と
言葉を投げた。

実際、かなり買い込んだらしく、
「すっごーい、何足買ったのホントに」と母親。

娘さんに、ここで買ったことをずっと覚えておいて欲しいと思うのは、わがままだろうか。

e0030939_17481383.jpg
[PR]

by misejimai | 2011-02-26 17:51