店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

遊び半分

e0030939_2105696.jpg今日の店じまいは、3月末に閉店したリュネットジュラ プチ。
原宿・表参道で20年。
フランスをはじめ、世界じゅうから様々なメガネを仕入れては、いつも新鮮な驚きと
喜びをもたらしてくれた。
メガネも服のように自分好みに自由に装うことができるファッションアイテムということを教えてくれた店。






















e0030939_2115939.jpgもともとこのお店は同潤会アパートの3階にあった。
石段をのぼり、あがったところに突然現れる、見たこともないデザイン・色・形状のメガネたち。

どこか人とマネしたくない-
たいしてルックスもよくない、服のセンスも決して
良いわけでもない。
唯一、なんだか自分らしく差をつけられるのが
メガネだった。











e0030939_213072.jpgそのとき、代表の高橋さんは僕に赤いメガネを薦めてくれた。
赤いメガネを当時付き合っていた彼女に見せたら「え~、何それ」と絶句した。
だが僕はそのお店を見て欲しくて彼女を連れて
行ったこともある。
視界に入る赤に何だかいつもより気持ちが高まるのを感じたものだった。











その後、いくつかメガネを買った。
見た感じ、奇抜なものは意外と少なくなっていったように思う。
上半分とした半分が色違いという挑戦的なモノもあった。


e0030939_2164732.jpg高橋さんは親のメガネ店を引き継いで2代目。
とある知り合いから、外国にはこんなメガネがあると教えてもらった。高橋さんは衝撃を受ける。

周囲の反対を押しのけて、
「日本未発売の、どこにも置いてないメガネ」を
自ら海外へ足を運び、展示会に出向き、
工場に赴いて、熱意を伝え、そして日本に
ニュースタイルを次々と持ち込んできた。

だが、店に来てもらわないことには始まらない。
同潤会アパートの前の道でチラシを配り、
店に案内して、とにかくメガネをつけてもらった。
直接買わなくても、人々にメガネの楽しさを伝えて行った。
次第に自分のやり方が間違っていないことを感じるようになったという。




日本のオシャレメガネ文化の一端を担う第一人者は、この高橋さんなのなのである。
次第に「メガネの自由度を紹介していくことが神が与えた義務」とさえ思えてきた。
ただし、ビジネスというより、「遊び半分」で。
自らも楽しみながら店を切り盛りしてきた。それが店の雰囲気を作り、
同じ空気を吸いたい店員を呼び、僕らを引き寄せてきた。


同潤会アパートが取り壊され、路地裏の一角に移転したあともお客さんはついてきてくれた。
客同士で友達になったり、mixiでサイトも立ち上がっていった。
「モノでしかないモノが、こうして人を結びつけるアイテムになる-」
高橋さんは自ら売るメガネそのものに、そんなことを教えてもらった。

そんな高橋さんのメガネ選びの極意がこちら。
e0030939_219023.jpg


















20周年の節目、契約更新の関係で、この「リュネットジュラ プチ」は幕引きし、
表参道ヒルズ店と統合した。

この知らせを定期的に届けられるセールのハガキで知った僕は、
話を聞きに行くがてら、新しいメガネを買おうと思い、足を運んだ。

e0030939_2193135.jpg果たして最後に高橋さんが選んでくれたのはやはり赤だった。

「確かに似合うね」
初代のモデルは絶句したが、2代目の赤いメガネは納得する妻であった。
[PR]

by misejimai | 2009-06-30 02:10
2009年 06月 07日

おめでとう

今日の店じまいは、
江東区北砂にある本屋さん、渡部書店。
砂町銀座商店街の入り口にひっそりとあった。
e0030939_18242229.jpg






店を閉めることを知ったお客さんからこんなことを言われたのだそうだ。
「そんなに長くやってたの?いま辞めて正解だったんじゃない?おめでとう」
今までいろんな店を見てきて、
「お疲れ様」とか「ありがとう」とか「残念」「辞めないで」という声はあったが、
「おめでとう」という言葉を聞いたのは初めてだった。


















e0030939_1852577.jpg





「いま帰った長女がよちよち歩きしていたときから始めたのよ」と言うのは店主の
おばあちゃん。
しかし、今月6月28日、創業52年を迎える前に店を閉めた。

おばあちゃんは旅が好きだった。近所の友達と行くのだという。
「兼六園とか、福島とか、伊豆とか。それとか金毘羅さんにも行ったわね」

おばあちゃんは、旅行するとき、自分で荷物を持たないと旅をした気分にならないと
いう。
荷物を友達に持ってもらう、なんてことはしたくない。
まだ体力が残っているうちに旅行をして想い出をもっと残したい。
跡を継ぐ者もいないし、店をたたむという結論に達したという。

多くのお客さんに、言葉の海を泳ぐ旅を存分に楽しんでもらったあとは、
自分で旅行しに行くというわけだ。

「今後はどこに行きますか?」
との質問に
「まだ考えてない。とりあえず明日ラジオ体操する」と答えた、おばあちゃんだった。
[PR]

by misejimai | 2009-06-07 19:29 | 本屋さん