<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 22日

歩きニスト

無理に自分を出さず、人に歩調を合わせることを
良しとして育てられてきた。
でも最近それじゃダメだということがそれなりに分かってきた。

そんな中、唯一自分が主人公になれることがある。
散歩である。
自分の目と耳と足・・・全身が頼りだ。

自動車だったら標識に縛られたり、車幅を気にしたり、いろいろ交通法規を遵守しなくては
いけないが、
一方通行の道だって逆方向に進めるし、
狭い道だってすいすい、ひょいひょい行ける。

前を行くノロノロ運転の車にやきもきしたり、
反対に猛スピードで暴走する車に気分を害されずに済む。


最近ブームの自転車にも余裕で勝ってしまうことがたくさんある。
走っているとき、気持ち良い風を感じることあるが、それは言うまでもないが、
自転車に乗っているために起こる風である。自然に吹く風を感じるためには歩いている
ときに感じるべきである。

また自転車だと一瞬で通り過ぎてしまう景色もきちんと噛みしめることができる。

健康効果で言えば、自転車は徒歩より代謝量は高いそうだが、
それだったら、自転車で消費されるのと同じカロリー分だけ歩けばいいことである。


もう1つ、これまた大ブームのジョギングも、今述べた自転車とほぼ同じ理論で
散歩の優越性を説くことができる。


さらに散歩がいいのは、迷子になれることである。
迷子になってしまうのではなく、積極的に迷子になるのである。

知っている場所、歩いたことがない場所に関わらずに、思いのままに曲がり角を曲がり、
また曲がり、曲がる。
かつてブラックマヨネーズの吉田がM1で「そんなこと繰り返したらオレ全然知らんとこ行く
やないかい!」と言っていたが、
まさに自分がどこにいるのか分からない気持ちにふいに襲われ、
家にもう一生たどりつけなくなるのではないかという不安が広がる。

と言っても、ここは東京である。田舎の、街灯も全くない幹線道路でも、
自分が歩く前はいつ誰が歩いたかさえ分からないあぜ道でも、
森の中のけもの道でもない。
大通りは何となく感覚で分かるので、不安に襲われつつも、意外と楽観視している自分がいる。
そんな安心感があるのが東京の道である。
そんな不安と安心の狭間にいるためか、ゾクゾクするほど快感なのである。

そして・・・
夕闇が迫り、あたりが夜が支配するようになると、
もはや自分が自分じゃなくなり、自然の一部になっていく。

・・・自然の一部になる?
なんか頭がおかしいと思われるかもしれないのでこの辺でやめておくが、
迷子になることは、知らない場所へ行くのにしても車にカーナビが付いていればひとっとび、
分からないことでもネットで一発検索できるこの日本において非常に貴重な体験
と言えるかもしれない。
もちろん山で遭難したら命の保証がないからそれは除外するとして。


今の子供の行動範囲は治安やら犯罪や何やらでどんどん限られ、
携帯やDSやらで指先5cmまで狭まっている。

そんな子供に視野を広げさせたいと、南の島とかへ子供だけで行かせる船の旅
はあるが、そんなことをするんだっらた自分の街を歩かせてほしい。

また大人の間でも秘境ツアーがはやっているが、
別に秘境と呼ばれているところまでわざわざ時間とお金をかけて行かなくても、
道を1本曲がりさえすれば、まだまだ秘境は眠っているのだ。

今日2月22日で34歳。
親に感謝することは数えきれないが、
ここまで何時間も歩ける足をつけてくれたことに感謝である。
うん、足に感謝だな。
これからも傾斜は山ほどはないが歩いて行こう。
[PR]

by misejimai | 2009-02-22 02:21
2009年 02月 06日

青山・高樹町フランス亭

2008年10月、
南青山・高樹町にあるフランス料理屋さん
「高樹町フランス亭」が閉店。

念のため言っておくが、下北沢をはじめ
街でよく見かけるカレー・ステーキのお店とは別個のものである。
元店主によれば「そちらが本部ですか?」という問い合わせを多くいただいたことも
あったそうだが、向こうは平仮名の「ふらんす亭」である。

以下は元店主の許諾のもと、ホームページ(http://www.geocities.jp/francetei7/)から参考にさせていただいた。
また電話取材にも快く応じていただいた。ありがとうございます。

e0030939_1159164.jpgフランス料理の店と言っても堅苦しくなく、むしろアットホームな
雰囲気が評判だった「高樹町フランス亭」
それはまるで昔からの友人のように、家族のように迎えてくれて
いた

「最初は、敷居が高そうで入りにくかったが、1度入ってしまうと、
何で、もっと早く入らなかったんだろう」とお客さんから嬉しい
言葉をいただいたこともあったという

本格的な煮込み料理が人気で、
その決め手となるデミソースは25日間煮込んだもの。

『当店の煮込みは、コト、コト、じっくりつきっきりで、
神経を使い、おいしく、おいしくなるようにと願いながら煮込んで
おります。』とは、元店主の言葉




最後の3年間は、お客様の励ましだけで、続ける事が出来た
最後の半年は、予約のみで営業していた
お客さんからは「止めないでね。絶対止めないでね。私達が困るから。本当よ。本当にそうよ」と言われていた


e0030939_11563239.jpg多くの常連客の中にいた1人に「93才」の「おじいちゃま」が
いたという
毎年、必ず、おいしい「年越しそば」を
持ってきてくれた。

また自分の気に入ったお菓子、食べ物があると、おすそ分けとして、
「おやじ、これ持ってきたぞー、これ、
うまいぞー」と持ってきた
また自分が使わないからと上等の
マフラーをいくつかプレゼントしてくれたこともあったとか。

すっかり家族同然のお付き合いとなり、ずいぶんと励まされたという

元店主曰く「仕事の合間のひとくち、
疲れが和らぎ、また、とても気持ちも
癒されました」


                そんな「おじいちゃま」が大動脈瘤で、入院

              「フランス亭の、あの美味しいコーヒーが飲みたい」

        元店主は、たてたばかりのコーヒーをジャーに入れ、病院にお見舞いに行った
         その思いがけないお見舞い品に、「おじいちゃま」はとても、喜んだという

        「うめぇーなあ、やっぱりフランス亭のコーヒーは」と、うまい、うまいを連発

                   元店主はうれしく病院をあとにした

             「おじいちゃま」は平成20年9月6日にお亡くなりになった

                         香典返しは
                 イタリア製の手袋と、しゃれた和菓子、
                           そして
           「おじいちゃま」が1番気に入っていた自分の写真が送られてきた

         その写真には、タバコを加え斜めに構えた、おしゃれがとても上手だった「おじいちゃま」が写っていた

      「写真立ての中で、まるで生きているように、語りかけてきそうな気がします」と元店主

              「人間、90年も生きてら、いろんな事が、あるわな。」
                    「機械なら、とっくに壊れてらー。」
                         「人間て、よく出来てるよ」
                     「多少のことは、しょうがないわなあー」
                     元店主に投げかけた言葉の贈り物
                       それを励みに頑張ってきた

                              だが・・・

e0030939_1231878.jpg
  








































元店主様に取材のアプローチをしたとき、
「お店の批評はしないという約束なら」と載せることをお許しいただいた
お客さんがこの店で得た幸せな想い出や体験を、何者かも分からない自分の批評で塗りなおされたくない
という考えがあるからなのかもしれない
閉めてもなお通われたお客さんを大事にする姿勢に胸打たれた

ホームページには、こんな文章があった


e0030939_1494038.jpg





1階、当店が入っていた部分を貸店舗として募集致します。  
フランス料理店、イタリア料理店、美容院などに最適かと思われます。シックな作りで、レンガの壁、しっくい調の天井、時代を思わせる木の柱。雰囲気は”時を忘れる
ような”が売りの店でした。店の全面、大きなスモークのガラス張りとなっております。
[PR]

by misejimai | 2009-02-06 18:18 | 料理店