<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 25日

「いらっしゃいませ!」発--「長い間ありがとうございました」行き 

近所にラーメン屋さんがある

オープンは確か7月、思い出すのもイヤな夏の暑い日だったか

麺も自家製、パーコーもその場で揚げ、すごく

美味しいのだが、いかんせんスープがしょっぱい

家人と行った日、具合が悪くなったほど、しょっぱかった

スープのしょっぱささえ、改善してくれたら絶対行列店に

なるのにねと話している

それでもその後、都合4回行っている

スープが改善されたかどうか知りたくて、つい暖簾をくぐってしまうのだ

主人は味に絶対的な自信を持っているのか、

それとも味覚障害なのか分からないが、

店内は主人と、奥さんと、暇をもてあそぶ2人の子供しかいない

売り上げもそれほどないのであろう

子供がお腹を空かせているところを見ると、不憫で仕方ない

「今度こそ“スープがちょっと・・・”とちゃんと言おう」と僕は主張するのだが、

「まだそんな気安く言えるほど行っていない」と家人は反対する

そんなこと言ってたら本当に閉店してしまうぞ

外に出るとき、今日は大丈夫かな、今日は営業しているかな、と気になって仕方ない

あ~あ、この店も、やがて張り紙が貼られてしまのだろうか

この店も、今まで僕が見てきたあの店のように、閉まってしまうのか



いつか母の手に引かれて入ったキラキラしたデパートのように

友と買い食いしたあの駄菓子屋さんのように

胸の鼓動を通りすがる人に聞かれやしないかと思いつつ入った、あのいかがわしい店のように

「来たの初めてだね」と言い合いながら、実は前の彼女とは何度も来たあの料理屋のように

客が暖簾をくぐる回数よりも、店主が、誰か客が来やしいなかと、店の中から外を
みやる回数のほうが多かった、あの理髪店のように

タンバリンのリズムが他の人と合わずに、妙な汗をかいた、あのカラオケボックスのように

なぜそんなに不機嫌なんだろうと、品物を渡しながら店主に思った、あの文房具屋さんのように
・・・・


近所のラーメン屋さんも閉店してしまうのだろうか


「麺も具も最高に美味しいんですけど、スープがちょっと・・・」と

いつ言おうかな・・・

[PR]

by misejimai | 2008-09-25 08:05
2008年 09月 18日

パンダと精力剤

今日の店じまいは薬屋さん。
5月11日に閉まった、上野の西澤薬店。
ちなみに2階はレストラン「聚楽台」(こちらも4月に閉店)。

e0030939_3374410.jpgご主人は西澤三郎さん71歳。
北海道・旭川で製薬会社社員として勤めたのち独立、上京して薬屋を始めた。
独立したのは自分の力を試してみたいと思ったからだそうだ。
以来45年、みんなに笑顔を届けてきた。

4年前、建物の老朽化により全面改修の必要があることから全店舗に立ち退き命令が出た。
もともと50店舗あった1階のテナントは30になり、8になり、そして最後はこの薬屋と隣のカバン屋の2つが残る。

それまで退かなかったのはなぜか。
ここを閉めたとしてもどこか移転しようと考えて、どこか別のテナントを探していたからだ。

だが、ここ以上に立地がいいところが見つからず、
「結局自宅を店舗にすることにした」という。




さて。
携帯が普及する前、上野公園には「テレホンカード買ワナイ?」と話しかけてきたイラン人がいた。
彼らに代表される上野の胡散臭さを、この店はずっと引き継いでいる。

e0030939_2394661.jpgというのも、店の主力商品は写真でも分かるように精力剤。
鹿に海馬にオットセイ、絶倫、アカヒゲ、金蛇に
プリズナ・・・
目のやり場に困りそうなPOPが渦を巻く濃密な
空間に、歓びの夜を求める有象無象が集まって
いた。
そして使用後、再び精気をみなぎらせては店を
訪れていたである。
今回閉めることを聞きつけた常連客が全国から
西澤さんに会いに見にやってきたという。
あまりのお客さんの反響に営業を5日間延長し、
11日に閉めた。
















e0030939_3381792.jpg

僕の「この店にはよく来ていたんですか?」との問いに
「頼りになるのよ」と答えていた方の横顔をパチリ。


















上野動物園にパンダがいなくなって久しい
オスのリンリンはついに子供をもうけることなく逝ってしまった
パンダ不在の影響からか、入場者数は60年ぶりに年間300万人を割り、ついに200万人になる見込みだという
そういえば思春期のパンダに、交配の様子を映したビデオを見せて興奮をあおり、交尾に導くという話を聞いたことがある
過去、全国の男性諸氏を勇気づけてきた西澤さんに事前に相談すれば、パンダの子孫繁栄について何らかの手を打つことができたのかも知れない



e0030939_2543232.jpg
「改修後の2年後にはここに必ず戻ってくる」と僕に
約束してくれた西澤さん。
そのときパンダは上野にいるのだろうか。

[PR]

by misejimai | 2008-09-18 03:46 | 薬屋さん
2008年 09月 18日

報告

e0030939_022374.jpg今週号の「FLASH」に載っている「へんてこ趣味66連発」という
特集の1つとして閉店の趣味が取材されました。ベスト3の張り紙を紹介しています。
グラビアアイドル・磯山さやかさんの表紙です。コンビニに立ち寄ったついでに手にとってみてください。
[PR]

by misejimai | 2008-09-18 00:36
2008年 09月 02日

福田首相辞任のときの速報テロップ

9月1日、「太陽と海の教室」第7話。

信頼していた友達に嫌いだと言われ、親にも
家に火をつけたのは自分だと疑われ、自暴自棄になったクラスメートの雪乃。
そんな傷ついた彼女に、心優しい八朗は付き合う。

雪乃「もういいの
    みんな、いなくなる・・・みんないなくなる前に私がいなくなるから」

八朗「ううん、大丈夫。
    オレはどこにも行かない」

そこにいきなり飛び込んできた速報テロップ。
e0030939_1335241.jpg
















さらにその10分後、
中継がつながっていることに気づかないニュースJAPANの松本方哉が
隣の人と笑っている。「頼むよ~」とか言って楽しげに。
e0030939_1365794.jpg















e0030939_13134770.jpgディレクターであろう人の声が横から
「入ってる!入ってる!」

別の人の声
「入ってます!」

「えっ」と横をみやり、ちょっと狼狽する松本方哉。








e0030939_1315277.jpg
いつもの真面目な顔に戻り、原稿に目を落とした。
「すいません、番組の途中ですが、福田首相が辞任の意向を固めました!
 福田総理大臣が辞任の意向を固めました」









20分後ドラマが再開されたとき、
織田裕二は言っていた。
「何があっても放り出しちゃいけない仕事があるんだ」
[PR]

by misejimai | 2008-09-02 13:19 | 速報テロップ