<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 18日

憩いの場

今日の店じまいは、
東京・港区にあった麻布十番温泉。
3月、60年の歴史に幕。
街を形容するときに「古さの中に新しさがある」とか「昔と今が混在した」という言葉が使われるが、それがぴったりな商店街である。

六本木ヒルズからの、華やかで洗練された空気が流れてくる中、
地元の人々による土着の一本木な雰囲気も嗅ぐことができる街。

与太着の翁が柴犬を連れて散歩しているかと思えば、日に焼けたアメリカ人の
親子がセントバーナードを3匹も連れてオープンカフェでくつろいでいたり、
アメリカ発の「SUSHI」ロール店があるかと思えば、握るときだけ腰が伸び、矍鑠とする
大将が1人で握っている老舗の寿司屋さんもあったりする。


そんな「セレブな老舗」、麻布十番のランドマークが、この温泉だった。
e0030939_11181637.jpg























1階は銭湯「越の湯」。
3階が天然温泉の「麻布十番温泉」である。
「もともと銭湯として営業を行っていたが、井戸を掘ったところ温泉が湧いたことをきっかけに業態を変え、営業を続けてきた」と記事にはある。

麻布十番の街を一番高いところで見下ろしてきた煙突は、いつの間にか近くの38階の超高層マンションに軽々と越されて、どこか肩身が狭い。

僕が行ったのは最終日。
お客さん-それも全て女性-が、番台へいろいろな想いを述べている。
「辞めちゃうの?」
「これからどこに入りに行けばいいの?」
「サウナができたとき嬉しかったのよ」
「最後にこれてよかった」
・・・などなど。

番台のおばさんが、うどんやおでん、カレーなど軽食を作ってくれるのだが、
それを見て「何でもいい。何か記念に食べたい」という人もいたりしている。

e0030939_11303299.jpg

























e0030939_11361422.jpg実家にかつてあったような、きれいなすりガラスを開けると大広間。






















そこは休憩所になっており、最後の時間を過ごそうと、風呂あがりの人々がボンヤリくつろいでいた。
何もせず、ただひたすらステージを見つめている人、
寝転がる人、
番台のおばさんが作る名物のカレーやうどんを食べる人いろいろである。

ステージ脇のカラオケの画面から、音楽番組みたいなのが延々と流れている。


廃業の理由は以下の通り。

e0030939_10465542.jpg























代表の平岡久栄さんは当時、
電話越しに「取材攻めでしんどい」と言いながらこう答えてくれた。
「ここに麻布十番温泉があったことは覚えておいてほしい」。

今は不動産屋が未来のために買い取っている。



男湯に、小さな娘さんを連れた男性がいた
「かゆいところないか~」と頭を洗ってやっていた
薄壁1枚、隔てた向こうから、母親であろう女性が娘に言った声が聞こえる

「ちゃんと肩までつかりなさいよ」

それには娘は答えず、
狭い湯舟に響くケロリンが代わりに答える
名残惜しそうに風呂場でカランと鳴いている

[PR]

by misejimai | 2008-07-18 13:32 | 銭湯
2008年 07月 18日

あの銅像の後ろ姿

くいだおれ太郎もそうだったが普段見慣れている銅像の後ろ姿に興味があり、何枚か撮って
みる。
まずはハチ公。
e0030939_1121575.jpg







改めてこうやって撮ると確かに犬だ。














続いて池袋駅西口の「いけふくろう」。
知らない人もいるかと思われるので、念のため
まずは前から。
e0030939_122256.jpg
























e0030939_1224796.jpg







王冠があるからまだ何となく見栄えがいいが、
王冠がなかったらちょっと怖い
何なのか分からない
[PR]

by misejimai | 2008-07-18 01:27
2008年 07月 11日

後ろ向きの太郎

今日の店じまいは、59年の歴史に幕を閉じた大阪「くいだおれ」。
e0030939_6412637.jpg




















e0030939_6341715.jpg
















店内には閉店を告げる貼り紙が張ってあった
だがレジ前にあることもあってか、それを見る人はいなかった

働く店員はどこか不機嫌だった
それもまあ仕方がないことだ。「くいだおれ」はここだけ
支店があるはずもなく、
これから働き口を探さなくてはならないのだから


e0030939_6353623.jpg


人々は、太郎をデジカメを通してしか見ていなかった























e0030939_6174995.jpg
そんな太郎の後ろ姿は寂しい






















その日のテレビはどこも閉店を伝えていたが、どれも伝えるべきことは伝えてはいなかった
[PR]

by misejimai | 2008-07-11 06:51 | 食堂