店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 21日

Gacktの愛したラーメン屋

今日の店じまいは、20日閉店した新宿歌舞伎町のラーメン店、みよし。
e0030939_2212211.jpg





















本店は京都・三条木屋町で人気を誇ってきた博多長浜ラーメンの老舗である。
「餃子の王将」「天下一品」「ますたに」などと並んで、京都の学生の胃袋を満たしてきた。

この「みよし」、今まで支店は出さない方針を採ってきたのだが、
25年目の今年、初めて東京しかも激戦区の新宿・歌舞伎町に出店した。

開店当初は沿道に置かれた著名人からの花で埋め尽くされ、見る者を圧倒した。
花の贈り主の顔ぶれはYOSHIKI、hyde、ラクリマのTAKA、安室奈美恵、ISSA、西城秀樹、真矢、琴欧州、柔道・吉田秀彦、元阪神・川尻哲郎、さらにはシャア・アズナブル役の池田秀一・・・

店の出店にどんな謂れがあるのか分からない人にとっては、なぜこのような各界の著名人が
小さなラーメン屋に花を出すのか分からなかったに違いない。

実はみよし新宿店は、Gacktのたっての希望で初めて支店を出店したのである。

Gacktと言えば美貌を保つために炭水化物を摂らないことで知られ、ご飯は7年以上食べて
いないというストイック人間。

だが滋賀・京都での学生時代の10年間、彼がこよなく愛したのが、みよしの京都本店の
ラーメンであった。
「HEY×3」でも「京都イチの店」と絶賛していたほどである。
ちなみにお気に入りは、チャーシュー麺バリカタ。

Gacktの「みよし」への愛は、いつしか「東京でも食べたい」という願いへと変わっていった。
そして本店のオーナーに支店進出を許してもらうため、直接掛け合うという行動に出た。

もちろんオーナーは古くから彼が店の味を愛していることを知っている。
だが、オーナーは釘を刺した。
「中途半端な形で支店を出し、本店とは違う味が広まるのだけは辞めて欲しい」。
続いてオーナーは、ラーメン作りは大変だと懇々と話したという。
だが、それでもGacktの情熱は揺らぐことはなかった。

熱意にほだされたオーナーは支店を出すことを認め、ついに今年6月16日、歌舞伎町に東京第一号店がオープン。
店に花を贈った著名人は、Gakctと親交のあった人物たちばかり、というわけ。


・・・だが当のGackt、出店が決まった後は彼の実の姉が経営する会社に一任。
自分はまた再び、客の1人としてチャーシューメンのバリカタを頼む日々に戻る。

弟の想いを受け継ぐ形で経営に乗り出した姉だったが、実のところそれほど「やる気」はなかったらしい。
それは早くも店員の怠慢に表れる。
オーナーとGacktとの約束だったはずの「味を変に変えない」ということが守れなくなっていったのだ。
本店からの店員が“指導員”として新宿店を訪れると、本店とは違う味に変わっている。
指導後、一定期間を空けて再び訪れてみると、また違う味になっている。

本店はこれでは「みよし」の暖簾を掲げてもらうことはできないと、ついに閉店を申し入れる。
オープンからわずか半年で、Gacktの「東京でも食べ続けたい」という願いははかなく潰えるの
である。


最終日に訪れてみた。
Gacktファン通称Dearsの少女たち3人がラーメンそっちのけで話に花を咲かせていた。
他には黒服のお兄さん3人ほど。
24席ある店内はまさしく閑古鳥の鳴く状態であった。
全国に数多(あまた)いるであろうGacktファンも、さすがに彼を応援するのと、彼贔屓の店に
食べに行くというのは別次元のことなのであろうか。


スープは豚骨ベースで白濁しており、一見こってりラーメンの様。
しかし口にしてみると全然しつこくない。非常にまろやかだがコクがある。
本店ほどとんこつの臭みは無い(店員談)が、甘い。これを京風と言うのだろうか。
お好み焼きにしても、未だに「京風」が馴染めない。なぜか八つ橋を連想してしまう。
京都の人がこれを本場の博多長浜ラーメンと思っていると聞いたことがあるが、果たして。

麺はスープに合うはずの極細麺だが、あまり絡まない。
器は口が広くて底が浅く、空気に触れる面積が多いため、すぐスープが冷めてしまう。

またチャーシューが2枚と、メンマが数本、刻み葱少々が載っている。
サイコロ状に切られた小さなチャーシューも数個添えられている。

この「みよし」、10種類ものトッピングが無料で自由に出来る。
テーブルに胡麻、酢、ラー油、豆板醤、一味、高菜、紅しょうが、ヤンニンジャン、カレー粉、
天かすが小さな容器に入れられており、どれでも好きなものを入れることができる。

e0030939_2224356.jpg

ちなみに器の「みよし」という文字はGacktが書いた字である。












どうでもいいが、店員が、普通に接客しているときは明らかに関西圏のイントネーションではないのに、客の去り際だけ
「おおきに」と言うのがどうしてもいやだった。
味の総合点としては・・・飲んだ後にはいいのだろう。そう言えば木屋町も飲み屋街である。


e0030939_2232495.jpg新宿は現在、石原都知事のもと行われている「浄化作戦」によって遊興目当てのお客が激減している真っ最中。
しかも立地は苦戦が強いられる地味な場所。

思えば、新宿歌舞伎町の妖しさ=日本が「男」として輝いていた
象徴でもあった。
精巣が抜かれた脆弱な街と化した新宿に、MALICE MIZER時代ほどではないにせよ奇しくも中性的な人間が店の出店を熱望したのは単なる偶然か。

さて、今回閉店したみよしがある通りは「花道通り」。
ここを通ったことのある人なら分かると思うが、この花道通り、妙に
うねり、くねっている。
実はこの道は明治の中期まで、蟹川という川だったのだ。

新宿は、今日も蛇行しながら、「花道」を探している。






今日、本店に電話すると、「うちにはもう関係ない」と言われる。
「天下一品」や、「王将」、「たいめいけん」向かい側にある「ますたに」のように東京でも地盤を
固めることができた京都発のラーメン店。

今回、みよしは東京進出失敗によってミソがついてしまった。
そこにはまぎれもなく、1人の有名ミュージシャンの、青春時代を彩った味への想いが起因して
いる。
何気ない店の閉店にも、いろいろな人間模様がある
[PR]

by misejimai | 2006-12-21 22:21 | ラーメン屋
2006年 12月 20日

新宿再開発

今日の店じまいは、新宿の栄寿司東口店。
新宿通りと靖国通りの間にあるMOA中央通りにある。
アルタ横、通称「新宿スカウト通り」を左の横道にそれたところ。

e0030939_11432325.jpg再開発地域だという。
単に地主に買収されたという話もあるが、定かではない。





















e0030939_1128508.jpg
角にはキムラヤがある。
キムラヤは軒並み経営不振で閉めていたが、ここは再開発のため、である。


















e0030939_11502839.jpg
いずみや 澤庵。
新宿界隈の映画館では、いつの時代に撮影したか分からない
古めかしいCMが流れていた。
中野に移転した。再開発、のため立ち退いた。


















e0030939_1211588.jpg「ええ、再開発とかなんとかで、ヘヘ・・・新宿も変わりますよね、ヘヘ・・・」
栄寿司の親父さんは気前よく応えてくれた。
だが商売人である。
さかさず、
「でも西口にも店ありますんで、ランチ安くしますよ」
[PR]

by misejimai | 2006-12-20 12:11 | お寿司屋さん
2006年 12月 19日

場所柄のための閉店

今日の店じまいは、足立区西新井の靴屋さん、えこる。
2年前にオープンしたばかりである。
e0030939_9422100.jpg
























御徒町駅前のデパート「吉池」1階に、店は移っていた。
店と言っても、きちんとした店舗ではなく、一角に小さな靴売り場があるだけである。
でも店主のおじさんは、輝いていた。
新巻鮭を売る売り場のおじさんより声を出していた。
靴屋さんで威勢がいいのも珍しい。

何でもおじさんは歩行改善士といって、
自分に合った靴と、その中敷きをオーダーメイドで作り、
正しい歩き方をアドバイスする専門家らしい。

おじさんは僕に、いかに靴が大事かをずっと目を見て話しくれた。
15センチもない距離で間近で話されるので、思わず目をそらしてしまった僕。

僕の靴は意外とブカブカで、靴の中で足が動いてしまうのが最もいけないらしかった。
中敷きと靴を合わせてちょっと値がはるので、次の機会ということで店をあとにした。

ただ、確かにおじさんの言うことは合点がいくことばかりで、靴の重要性が
分かった。

最後に聞いてみた。
僕    「前は西新井にありましたよね?」
おじさん「ご縁があって今はここに移したんです」
僕    「西新井はやっぱり場所柄が・・・?」
おじさん「あ、分かります?ええ、ハハ」

e0030939_10303746.jpgそうだろう、西新井大師があるとは言え、繁盛しているのはあの沿道ぐらいなものである。
靴も、歩き方や姿勢を考えればきちんと
合ったものを探すのが当然なように、
店も、自分の店を大事にしたい、
長続きさせたいからこそ、
多くの人々の目に触れられる場所に移るのかもしれない。

愛着があるからこそ、さびれた場所から
移転する。
店は生き物である。生きている。
[PR]

by misejimai | 2006-12-19 10:49 | 靴屋さん
2006年 12月 18日

クルトンの北斗七星

今日の北斗七星は、クルトンの星々。


冬の星空の王者・オリオン座
南の空に、力強くこん棒を振り上げた、勇壮な青年の姿が浮かびあがる

優れた腕を持つ狩人オリオン
彼が狩りに出かける前の腹ごしらえとしたと言われる、
ポタージュ大星雲とシーザーサラダ大皿星団

e0030939_461949.jpg

















そのポタージュの海、シーザーサラダに浮かぶ星くずたちがクルトンだ
正方形の小人たちは5ミリ四方とそれほど大きくはないが、
肉眼でもはっきりと確認することができる

スプーンを使えば、星雲内部の微妙な構造も、観察することができる
クレーターのように矮小な穴がいくつもあり、そこから小人たちは呼吸しているという

カリカリ
サクサク
古く硬くなったパンから再びもらった新しい命
シナシナ
ヤワヤワにならないうちに掬い上げたい

だが、主のさじ加減で、
小人たちは深いスープの底に沈殿していく
そこは光の届かない
音も聞こえない世界

飲み干したポタージュの底には無残にも、クルトンの残骸たち

さあハンムラビ法典に遵守し、今こそ高らかに謳いあげようではないか!
目には目薬を、歯には歯ブラシを、ポタージュにはクルトンを!
寒い夜だから・・・

[PR]

by misejimai | 2006-12-18 04:11 | 今日の北斗七星
2006年 12月 18日

人通りの少ない商店街

今日の店じまいは、目黒区目黒、油面(あぶらめん)地蔵通り商店街にある宮田薬局。
昭和28年創業の老舗の薬局。
おばあさんが1人で営んでいた。
e0030939_0501511.jpg

娘も薬剤師だったが、店を継ぐことはなかった。




















e0030939_053447.jpg

おばあさんは2年前、年を取って店を続けることができなくなり、閉店。
今年84歳で亡くなる。


















e0030939_0553610.jpg

一代で終わった店の中は、薬が置かれたままだった。
物がない時代は置いてあるだけで売れたという。
















e0030939_175724.jpg

この通りもどこかしら「諦め」が生まれている
一歩、大通りに出ればおしゃれな家具屋さんが並ぶ目黒通り

商店街とはもともと、気分が晴れやかになる、
ふわっと足もとが3cm浮くようなハレの場であったはずだ
楽しく暮らすその延長線上に、その場所に店を構えたいという
気持ちが生まれる
しっかり商売をすれば、きっとここにも人が戻ってくるはずだ
[PR]

by misejimai | 2006-12-18 01:49 | 薬屋さん
2006年 12月 12日

定位置

ドラマを見ていて思った。
悩むヒロインは大体、左に座る。

「14才の母」で、出産前の一ノ瀬未希。
e0030939_2143329.jpg














「家族~妻の不在・夫の存在~」で、夫との離婚、子供の親権について悩む上川理美。e0030939_21454966.jpg














片や出産、
片や離婚。
バスに揺られ、心も揺れるヒロイン。
座る位置だけは定まっているようだ。
[PR]

by misejimai | 2006-12-12 22:18
2006年 12月 12日

『不景気でしょ』

閉める店の店主は大体こう口にする。だがそれを言ったら最後だと僕は思う。恥ずかしい。何を小僧が偉そうに、と店主は言うだろう。悔しいならば知恵を使ってでもやってやろうとは思わないのだろうか。その店はあなたの分身であるが、みんなの共有財産でもある。時代の要求が店を産む。柳の下を狙って有象無象が群がる。だが店が時代を作ることも忘れてはならない。物と心を売る仕事人に弱音は言って欲しくない。
[PR]

by misejimai | 2006-12-12 16:39
2006年 12月 12日

逆に狙う

今日の「CMの中のどうでもいい注意書き」は、
PS3の「Motor Storm(モーターストーム)。

e0030939_13114534.jpg












マネしたくてもできない。


ただしこの後、テロップは
※マジで、マネしないでください
        ↓
※頼むから、マネしないでください
と続く。

注意書きを逆手に取ったコピーである。
つまりは、
「マネできない面白さ」ということである。
延期になっていたので、発売日14日が待ち遠しい。
[PR]

by misejimai | 2006-12-12 14:07 | CMのどうでもいい注意書き
2006年 12月 11日

報告

今週15日、僕の趣味がテレビ番組にて紹介されます。
NHK-BS2夜8時、「熱中時間」にてです。
BSが見られる人、もし良かったらご覧下さい。
[PR]

by misejimai | 2006-12-11 22:54
2006年 12月 09日

ひとみばあさん

今日の店じまいは、新宿2丁目にある割烹居酒屋、「ひとみ」。

e0030939_145070.jpg
志村けんのキャラクターに
「ひとみばあさん」というのがあったが、モデルは、ここの居酒屋の創業者である。
フジテレビが河田町にあった時代に
よくここに来ていた志村が、手と声の震える女将さんをヒントに作り上げた。








e0030939_162167.jpg

そんなひとみは裁判所による財産差し押さえで
解体。


















e0030939_1141345.jpg


志村のコントのように
笑い飛ばすことも出来ないようだ
板の間に必死に顔を覗かせている「ひとみ」
の文字が哀しい
[PR]

by misejimai | 2006-12-09 12:44 | 居酒屋