<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

スッポン

e0030939_15155865.jpg
今日の店じまいは、新宿三丁目駅構内の売店。スッポンの店だそうだ。


スッポンも不況にはかなわない
吸い付いたら絶対離さないアイツ
しかし夏のある日
喰らいつく力も果てたようだ
さよなら千年
鶴は千年
亀は万年
閉店には観念






e0030939_1844854.jpg

[PR]

by misejimai | 2006-03-30 18:44
2006年 03月 26日

天才

e0030939_14232592.jpg













だって!
正解だよ!
[PR]

by misejimai | 2006-03-26 14:24 | だって!
2006年 03月 24日

コンドームメーカー「オカモト」のお待たせ音楽

今日の「保留音」は、コンドームメーカー・オカモト。

受付嬢 「はいオカモトです」
僕    「すみません、つかぬことをお伺いしますが・・・あの業務とかの問い合わせ
      とかじゃなくてですね、御社の電話の保留中の音楽を聴きたくてですね」
受付嬢 「はい」
僕    「ちょっと保留中にしてもらえますか?」
受付嬢 「分かりました。では保留中にします」
僕    「すみません」

・・・果てして流れてきたのは、「メリーさんの羊」だった!!


e0030939_1811310.jpg



「コンドーム」は「夜」を想像させる。


e0030939_1821772.jpg



そして夜、眠れないときに数えるのは「羊」。



選曲のグッドセンスについて、再び出た受付嬢に聞いた。

僕    「メリーさんの羊でした。これはやっぱり~~(上記のくだりを説明)ですか?」
受付嬢 「深いですねぇ。ではお待ちください。ちょっと聞いてみます」

・・・再び流れるメリーさんの羊。

僕    「(一体どこに聞いてる?どの部署に確認してる!?)」
受付嬢 「お待たせしました。もともと、使っていたこの電話にこの音楽が
       あったみたいです」
僕    「あ、そうですか。僕はてっきり。あ、以上です」
受付嬢 「これは何か・・・?」
僕    「いえ、個人的に保留音を聴いてるだけなんで。失礼します」
[PR]

by misejimai | 2006-03-24 18:07 | 今日の保留音
2006年 03月 18日

雨に濡れた閉店貼り紙

e0030939_17594757.jpg今日の店じまいは、江東区森下の「平和食品」。


全く知らない店なのに
切ない気持ちになるのはなぜだろう
それは、誰もが終わる悲しさを知っているから
卒業
解散
引退
閉幕
人の死






                    閉店の貼り紙を見たら一瞬で通り過ぎないで
                    その紙にはその店の人生が詰まっている


                    じっと見つめよう
                    穴が開くまで

                    店主の悲しみに想いを馳せてみよう
                    涙が涸れるまで


e0030939_1801224.jpg

[PR]

by misejimai | 2006-03-18 18:11 | 有限会社
2006年 03月 17日

東銀座のフルーツカレー

e0030939_1757173.jpg
今日は「テレビ・雑誌に紹介されました」。
今回は東銀座のレストラン、
「ア ボートルサンテ エンドー」のフルーツカレー。
スーパーニュースで13日の土曜日に紹介された
ものらしい。っていつだ?
そんなことはともかく、とりあえず注文











e0030939_17532515.jpgイチゴにバナナ、キウイにオレンジ
赤、黄、緑、橙。そしてローリエの青
さらにキーマカレーの茶
グラフィックとしても十分鑑賞に堪えうる、世界一「彩り」の良い配色
画家も描きがいがあろう

口にするのももったいない
しかし僕は食べてしまうのだ




バナナの甘み
太陽の恵みを存分に浴びたカリフォルニアの樹木に育ったオレンジ
ニュージーランドの空の青さを感じたキウイフルーツ
イチゴの甘酸っぱさ 静岡産だろうか
そしてインド代表のカレー

そう、これは大地が奏でる味のオーケストラ
タクトを振るのはこの店のシェフだ
今、聴衆の舌は光の速さよりも早く、とろけていく
最後のクライマックスは祝福のスタンディングオベーション!!
「ブラボー!!」
そして拍手は鳴り止まない


e0030939_1755166.jpgカーテンコールに出てくるのは桜のアイスクリームだ!
春、桜の花びらをすこーし混ぜて、ほんのり塩味
甘い春の香りと、ちょっぴりしょっぱい夏の気分
上に聳え立つガーリックトーストには、少しチョコが溶かしてある

すぐそばの歌舞伎座では「和」
僕が堪能したのは「世界」

[PR]

by misejimai | 2006-03-17 18:02 | テレビ・雑誌に紹介されました
2006年 03月 15日

「無期限営業停止」の意味するもの

今日の店じまいは、神田古書街にある本屋。
「無期限営業停止」とある。
なぜ「閉店」ではないのか。
黒く塗られ、また白く貼られているテープの下にはどう書かれていたのか。
僕は思いを巡らせた。


e0030939_22171518.jpg「ランダムウォーク」 和ものと洋物が
入り混じった本屋で有名だ
その店に一体何が起きたのか
バイリンガルの「天才バカボン」が、
「マンガ」文化をこよなく愛する外国人にとってはあまりにナンセンス過ぎて不評だったのか
それとも、チェーン店化が、戦前から
ずっと根を張り、一筋に営んでいる本屋から執拗なまでの嫉妬と攻撃を受けたのか





e0030939_22231537.jpg
果たして答えは・・・


戦前の建築で建物の老朽化ということだった。
経営難などで店を閉めたのではなく、建物の老朽化によって営業停止に追い込まれた
ということらしい。
誰か店内を撮影していた人はいないものだろうか。きっと古めかしいけど温かい空間
だったのだろう。何か続けていく手立ては無かったのか。
古いものを全て文化財にしろとは言わないが、もともとこういうところに日本人の美意識が
あったのではなかったのか。
僕はさびれ行くものに美しさを感じてこんなブログをやっているのです。
[PR]

by misejimai | 2006-03-15 22:35 | 本屋さん
2006年 03月 14日

名もなきサイトが今日もどこかで閉まる

今日の「店じまい」は、久々ホームページの閉鎖文。
今では何のサイトだったのか判らない。


てるてるぼうずは2月27日をもって閉鎖しました。


今まで来てくださった皆様、有難う御座います。てるてるぼうずは2月27日をもって閉鎖になりました。
本当はもっと続けていきたかったのですが諸事情により閉鎖ということになりました。
長い間、HPを運営してきましたが素晴らしい方々に会えて本当によかったと思います。
私が今までHPを運営できたのも心の支えとなってくれた皆様のおかげです。お世話になった方々に
感謝です。
復活のことですが私の事情がすみ次第、HPの運営を再開したいと思ってます。
今度は『てるてるぼうず』ではなく別のHPになると思います。
必ず復活するわけでもないので期待しないでください・・・なるべく、ということで。
HPが復活するまで会えないというわけでもありません。正男同盟での掲示板書き込みも少しばかりですが続けますし、メールなども受け付けます。

長くなりましたがレジェンズファンの方々、正男好きの方々、そして今まで応援してくださった方々、本当に有難う御座いました。




※リンクの変更はしなくていいです。復活する可能性もあるので。
※意見がある方はメールで。掲示板は残しません。




レジェンズとは?バンドか?
正男とは?ボーカルか?
レジェンズの正男・・・どんなルックスなのか?まさかビジュアル系で「正男」はあるまい。
金正男の裏の顔か?



http://www.geocities.jp/saku_502/ozabu2.htm
[PR]

by misejimai | 2006-03-14 16:56 | サイトの閉鎖
2006年 03月 11日

「さくらや」の保留音について店に聞いてみる

e0030939_18255649.jpg「今日の保留音」は、家電メーカー「さくらや」の音楽。

さくらや新宿西口店に聞いてみる。



僕 「すみません、あのー、『さくらや』さんですか?」
店 「はい、さくらやです」
僕 「♪丸い緑の・・・」
店 「それは・・・」
僕 「競合店でしたね。テヘ。
   でですね、『さくらや』さんの保留中の音楽を調べてるんですけど。少々
   お待ちくださいって言ったときに保留押しますよね。あのときの音楽って
   何ていう曲名とか、誰が作ったとかご存知ないですか?」
店 「はあ、いつも聴きなれてるものですから。・・・私どもも調査不足でして・・・すみません」
僕 「あれですよね、CMで流れてるメロディですよね、歌詞がないインストゥルメンタル」
店 「インスゥ・・・?」
僕 「イントゥルメンタル。ポール・モーリアとか有名ですよね。エリーゼの首飾り(いま調べたらオリーブだった)とか」
店 「はあ」
僕 「いや、判らなかったら大丈夫です、失礼します」
店 「・・・・・・すみません」
僕 「あ、ちょっと待ってください。今、保留押せますか?」
店 「・・・あ、はい。その音楽ですね。では、押させていただきます」

(数秒、「さくらや」の音楽流れる)

店 「はい、こんな感じでよろしかったでしょうか?」
僕 「はい、満足しました。和みますね、あれ聴くと」

ということで判らずじまい。
[PR]

by misejimai | 2006-03-11 18:26 | 今日の保留音
2006年 03月 11日

長靴下の現場

今日の店じまいは、江東区森下のとある工事現場。
工事現場のおっちゃに聞けば、もともと製鉄工場があったらしい。
マンションになるという。
e0030939_1293161.jpg




長靴が干せる細い鉄柱
柱がどんどん伸びていく
宙に
宙に
悲しみを肥料に

[PR]

by misejimai | 2006-03-11 01:30 | 店の跡地には
2006年 03月 09日

「N’sあおい」のお花屋さん

今日の店じまいは、フジテレビドラマ「N’sあおい」に出てくるお花屋さん。
e0030939_1156533.jpg












e0030939_1534510.jpg




白井瑞江のただ1つの「希望」は夫だった
2人の共通の夢であった花屋を開店させ、これまで一緒にやってきた






e0030939_1534199.jpg





しかしここ5年間というもの、夫は倒れ、意識障害が続いたまま





e0030939_15344017.jpg




瑞江は1人で笑顔で切り盛りすればするほど空しさが、
心に巣食い始めていった






e0030939_1535881.jpg


いっそのこと店を辞めてしまおう
でもそんなとき、瑞江の脳裏をかすめるのは、夫が生花市場で初めて競り落とした花のことだった
キザにも夫は、チューリップの花言葉は「永遠の愛」だと言って、瑞江にくれたのだ





e0030939_15353766.jpg1人の看護助手が、病院とのトラブルで辞めることになったとき、彼が瑞江に渡したMD
それは生花市場での競りの賑やかな様子を録音したものだった
それを聞かせたとき奇跡は起きた
指がかすかだが動いたのだ
その指は明らかに、競りで大きく手を挙げて威勢よく叫んでいたときの動きだった
瑞江は言った
「チューリップ、落として・・・私に、チューリップ落としてくれるんでしょ・・・」



e0030939_15361346.jpg





瑞江はまた希望という名の花を手に入れて、店を再開した

[PR]

by misejimai | 2006-03-09 15:44 | お花屋さん