<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 26日

ツバメの巣

今日の店じまいは、ここで何度か紹介している市谷薬王寺町の商店街の布団屋さん。
e0030939_19425122.jpg




軒先にツバメの巣があった







e0030939_1950421.jpg





しかし、月末にはもう閉める











e0030939_19471531.jpg




ツバメさん、ごめんね
取り壊さなきゃならないんだ
どこか別の場所に作っておくれ

[PR]

by misejimai | 2006-02-26 19:54 | 布団屋さん
2006年 02月 24日

赤い運命 命の献血

今日の「だって!」。

e0030939_22461666.jpg










だって!
頼むよ!
[PR]

by misejimai | 2006-02-24 22:47 | だって!
2006年 02月 23日

花の命も命なんだよ

今日は久々の「だって!」。
家の近くのスナック。店先で見つけたお知らせ。

e0030939_2341273.jpg













e0030939_23415265.jpg






だって!
花の命も命だよ!
頼むよ!!
[PR]

by misejimai | 2006-02-23 23:44 | だって!
2006年 02月 19日

報告

「今日の罰ゲーム」久々更新。
訪問人数が150人なのに1人もコメントを残してくれていない。。。
リアクションが無いのが何よりの罰ゲーム・・・
[PR]

by misejimai | 2006-02-19 13:40
2006年 02月 18日

サルよりバカな日本人③ コペルニクス的バカ

e0030939_1943611.jpg今日の「サルよりバカな日本人」は、
耐震強度偽装問題の申し子・不動産会社ヒューザー社長の小嶋進さんです。

事件の発端は去年の10月18日。
建築事務所・アトラス設計代表の渡辺朋幸なる構造設計士が検査会社の検査機関イーホームズの社員に電話で、「グランドステージ北千住」に構造的に
疑義があると言う情報を伝えたことが全ての始まりだった。その渡辺さんも2年以上前から知っていたのだ。なぜ?



さて10月25日、イーホームズがヒューザー幹部に複数の物件に偽装があると報告。
だが小嶋はその報告を遅らせるよう圧力をかけた。

さらに話によれば、小嶋は、すでに確認を下ろしているものについては、見て見ぬふりを
してくれ、もしも地震で壊れたら、そのときに調査して偽装を発見したということにして
くれ、それでもイーホームズ側が公表すると言ったら、「おまえを潰す」と言ったという。

まあそんな小嶋さんなんで、ヒューザーが18自治体に約139億円の損害賠償を求める
訴えを起こしたことも、彼の中では「正常」だったのかもしれない。
横浜市の中田市長は「裁判を起こすこと自体コペルニクス的ばか者だ」と語った。

そんな中、東京都がヒューザーの宅建業免許を取り消すというニュースが飛び込んで
きた。
事務所も東京駅の家賃1200万円の物件から、最初に不動産業を始めた懐かしの地・大田区へ。
もう全てを失うのであれば、小嶋さん、アンタの100坪の豪邸も開放して、住民がそこで暮らせるようにしてあげれば?まさかそこは耐震偽装してないでしょうから。
[PR]

by misejimai | 2006-02-18 19:20 | サルよりバカな日本人
2006年 02月 15日

サルよりバカな日本人② ハーレムバカ

e0030939_23562179.jpg今日のバカは、ハーレムバカこと、渋谷博仁。
バレンタインデーでチョコを結局1個ももらえず悶々としている男子諸君にはうらやましい、9人の女性と同居!
所持していた催眠術本のタイトルは「催眠術師になりたい」。結局、一人前の催眠術師にはなれなかったが、容疑者になったし、囚人になれたではないか。
彼が唱えていたとされる呪文「シークル、シークル」を訳すとつまりは「彼女来る」。
それだったら「シーカム、シーカム」が正しいのではないか。つまりはルー大柴並みの
英語力しかないことが判る。


と思っていたら、その同居女性9人に遺言書を書かせていたことが調べで分かったという。
女性が死んだら、遺産はすべて渋谷シークル博仁のもとへ。

まあ、こういう男は懲りないもので、出所しても新しいハーレムを作るべく、
第二期の女性グループを集めて“育成”し、結婚しては離婚するのだろう。
何回、「新婚さんいらっしゃい!」に出られるのか。
イスから転げ落ちる三枝も大変だな。
[PR]

by misejimai | 2006-02-15 00:08 | サルよりバカな日本人
2006年 02月 14日

見捨てられた貼り紙

今日は、JT(日本たばこ)の営業所の閉鎖の貼り紙。
ただよく見ると、閉鎖自体は平成15年。ということは建物はもちろん、
貼り紙もすでに3年は放置されている。


e0030939_23234914.jpg人にとって一番の屈辱は無視されることだ
自分が存在しないと見なされて
しまうんだぜ
こんな辱めはあるまい

建物だってそうだよ
人のために頑張って雨露・風を
よけ、守ってきた建物がこのまま
見捨てられる

人ってやつは、建てるだけで
建てて、使い物にならなく
なったら壊すこともするが、
時にそのまま放置することもある

こういう放置ビルは意外と多い


人間よ、僕を朽ちらせるまで放っておく
つもりかい?

[PR]

by misejimai | 2006-02-14 23:33
2006年 02月 14日

解体工事始まる

e0030939_152888.jpg今日は、京王プレッソインの解体を告げる貼り紙。

何人の人がここに泊まっただろうか
地方から上京してきた受験生
出張のサラリーマン
連れ込みのカップル
東京旅行の老夫婦

様々な想い出も解体されていく
そんなホテルを撮っていたら
「ヤクルトのおばさん」の
おばさんが近寄ってきて、
「何撮ってるの?ここ、絵版権地区だよ」
と言った
僕は聞き返した。「絵版権地区?」
おばさん「そう、えはんけんちく」
僕「ああ、違反・・・違法建築」
おばさん「そう、えはんけんちく」
僕はこう返した。
「いえ、だから撮ってるんです」


e0030939_1183237.jpg




だって、この世からこのホテルは
二度と見られなくなるのだから
誰も撮らないものを撮っていきたい
地球に存在した証を

[PR]

by misejimai | 2006-02-14 01:23 | ホテル
2006年 02月 11日

報告

迷惑メールのラブストーリー久々更新。
最近、面白い迷惑メールが来ないため、とりあえず勝手に
膨らませて書くことにする。
[PR]

by misejimai | 2006-02-11 00:21
2006年 02月 11日

サルよりバカな日本人① 不正改造バカ

今日から「サルよりバカな日本人」というコンテンツを作りました。
日ごとにヒーローが現れるので、枚挙がいとまがありませんが、
とりあえず今日はこの人。


e0030939_084697.jpg
不正改造バカこと、東横イン社長・西田憲正。

憲法を正すという意味の「憲正」という名前が泣く。
「違法性を認識していた」とは何事か。
「認識はあったが、行政指導で終わると思っていた。
 時速60キロで走るところを67、68キロで走っていいと
 思っていたのは事実」。
スピードのこと言ってるんじゃない。
要は、金を浮かしたいだけだろう。採算。

駐車場はロビー、そして食堂へ。
身体障害者用の客室は「従業員ロッカー」へ。

身障者用客室を取り壊したことについて
「一般客室は12平方メートルだが、20平方メートルを超える場所をとる」
「年に1人か2人しか使わない」 だって。

涙の謝罪も、商売のためなら「1リットルの涙」もびっくりの大量の涙も流せる特異な目。
相手を丸め込み、黙らせ、持ち上げる異常な口先。

そこへ飛び込んできた、東横インも解体というニュース。
憲正さん、あんたが解体されてしまえ。
[PR]

by misejimai | 2006-02-11 00:17 | サルよりバカな日本人