店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 24日

ウィルコムの保留中の音楽

e0030939_21453726.gif今日の保留中の音楽(12月3日のブログ参照)は、
ウィルコムのサービスセンターの保留中の音楽。
一般電話、公衆電話、携帯電話、PHSから0120-921-156にかけて
オペレーターにつなぐとき、サザンオールスターズの「海」のメロディが流れてくる。


移り気なアナタに 
抱かれてしびれた
ほんのチョットだけで
こんな気持ちになるなんて
悪い人だと思うけど
Sha-la-la 夢のように暮らしたものさ
心から恋してる

海辺へ通う道 
真夏の出来事
ほんのチョットだけで
心変わりがするなんて
他の誰かを愛してる
Sha-la-la 見つめあってその気にさせて
今頃はどこにいる

時折名前を呼んでみた つれないこの気持ち
言葉じゃ言えない "好きよ"
All I need is you

渚に埋めた涙には 秘密の思い出が
言葉じゃ言えない "好きよ"
Oh let me kiss you now



でも、どうしてサザンなのだろうか?
社名がDDIポケットだったある時期、パパイヤ鈴木をCMのイメージキャラクターにしていた
が、彼は東久留米の出身。もはや相方である石塚英彦は茅ヶ崎だからか。関係ないか。
[PR]

by misejimai | 2005-12-24 21:50 | 今日の保留音
2005年 12月 24日

ダニエル・カールが食べた餅を食べる

e0030939_2191014.jpg
今日の「TVで紹介されました」は、
日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」で
紹介された世田谷区・八幡山のお店
「紅谷」。創業40年。
ダニエル・カールが2005年2月に訪れた
らしい。











e0030939_2111050.jpgそのときダニエル(こういうときはカールと
呼ぶのか?)が興味をそそられたのが「出世餅」と、玉露のクキが入った「煎棒茶」(せんぼうちゃ)。買って試食する。

出世餅には今にわかに注目されている中国の古代米・黒米を使用。
中国は漢の時代、その餅米を発見した人物が出世したという故事から、
「縁起の良い出世米」として宮廷でも食されてきたという。歯ざわり最高。甘みも
程よい。で、煎棒茶。玉露の一番おいしいといわれる「芯」(一番若くやわらかい芽)が
入っているので、風味と香りは抜群。




で、その紅谷。
e0030939_21225132.jpg



それにしてもダニエル・カールはなぜ、その餅を食べ、茶を
飲んだのか。
お茶は多分、お店の奥さんが日本茶アドバイザーなので薦め
られたと思うのだが。

「おっ、出世餅と煎棒茶ですか。これで出世して羨望の的に
なったらいいなあ」なんて
言いたかったのだろうか。
ダジャレを言うのはデーブ・スペクターか。
まあ、どっちでもいいんですけど。
[PR]

by misejimai | 2005-12-24 21:24 | テレビ・雑誌に紹介されました
2005年 12月 20日

洗濯物禁止のお願い

今日の「だって!」は、新宿中央公園の洗濯禁止の看板。
e0030939_1312512.jpg












だって!
頼むよ!




e0030939_133955.jpg










だから!
頼むよ!
[PR]

by misejimai | 2005-12-20 13:07 | だって!
2005年 12月 20日

マリア・シャラポワの日本語

e0030939_516510.jpg
今夜の「外タレの日本語」(12月3日のブログ参照のこと)は、マリア・シャラポワ。
「ポワ」って「ポア」思い出すな。どうでもいいけど。

で彼女が言った言葉は「オダイバデ、アイマショウ」。

フジテレビの冬の恒例イベント、「ホットファンタジー
お台場」に出演するという。





彼女がサインを入れたキャノンのデジカメをヤフオクにかけ、
見事競り落としてくれたら、クリスマスイブの夜にその品物を
直接本人から受け渡せる仕組みになっている。競り落としたお金はボランティア団体に寄付される。

で、その受け渡し場所がお台場というわけだ。

今、「お台場ホットファンタジー」の場所にはテニスボールをイメージしたクリスマスツリーがあるという。
そのツリーの前でシャラポワから受け渡してもらえるのだ。

シャラポワ1人にフジテレビとヤフー、キャノンが絡む。
商売はうまいことできてるもんだ。
[PR]

by misejimai | 2005-12-20 05:18 | 外タレの日本語
2005年 12月 16日

師走の閉店

e0030939_16215497.jpg
今回の閉店の貼り紙は、布団屋さん。
今まで紹介していそうでいなかった業種だ。
門前仲町、富岡八幡宮近くの「山加屋(やまかや)」。



















e0030939_1625555.jpg「店舗は誰かに貸すことになるでしょう」
店のおばさんはつとめて明るく言った
たいして深刻そうに話してなかったが、
話の間じゅうとにかく「買っていけ」と
しきりに言う

創業自体はもっと古いらしい
西川の布団のチェーンに入ってからは
50年
そんな思い入れのある店舗を閉める
心情はいかばかりか
セールストークを聞いているのが逆に
つらくなった

僕は何も言えずにその場を去った






オフィシャルホームページが寂しい

山加屋オフィシャルHP
[PR]

by misejimai | 2005-12-16 16:38 | 布団屋さん
2005年 12月 15日

白金で見つけた捜索願い

e0030939_5401263.jpg
















だって!!
頼むよ!!
[PR]

by misejimai | 2005-12-15 05:41 | だって!
2005年 12月 15日

ヤムナク ヤッチマッタ・・・偽装使いアネハ

e0030939_2203392.jpg






今回の貼り紙は営業中止中の京王プレッソイン池袋。












e0030939_045482.jpg


♪さいた さいた チューリップのはなが
  ならんだ ならんだ 赤・白・黄色
  どの花見ても綺麗だな

♪あねは あねは ギソウのつけが
  出てきた 出てきた  ビル・マンション・ホテル
  どの物件見ても危険だな










e0030939_047695.jpg




♪あねは あねは 「木村」の指示を
  暴いた 暴いた 鉄筋量減らせ
 その髪の毛も偽装だな

[PR]

by misejimai | 2005-12-15 00:59 | ホテル
2005年 12月 13日

湯島のラブホテルで「フロム・エー」は生まれた

e0030939_5294234.jpg
今日の「本の帯」(12月3日のブログの「今後の方向性」参照)は、
くらたまなぶ著「『創刊男』の仕事術」(日本経済新聞社)。


くらたさんは、「じゃらん」「ゼクシー」「ダヴィンチ」「あるじゃん」
「生活情報360」「赤ちゃんのためにすぐ使う本」「ザッピー」など、
リクルートのほとんどの雑誌を生み出した天才編集者。
それからほんのさわりを抜粋・・・


★入社して配属された先は、「何をやるか」決める部署
 
 入社当日、直属の上司から渡された小さな紙には、配属先が書かれていた。
 「新規プロジェクトチーム」。やることは何もなかった。「何をやるか」を決めた。

★机の上にはネタはない!!
 ちゃんと生活しながら喜ぶ。驚く。怒る。不思議がる。
 送り手のプロになるためには、受け手のプロにならなければいけなかった。
 
★誌名は電話で出たときの感触で決めた  
  新しい就職情報誌に関して、3000を超える社内公募の中から2つの候補が選ばれた。
  「とらばーゆ」と「仕事BOOK」。
  狭い部屋で上司と2人で内線電話をかけあって応対し、シミュレーションをした。
  「じゃ、いくぜ」
  「はい仕事BOOKです・・・ちょっと言いにくいなあ」
  「よっしゃ、とらばーゆで決まりだ。いいよな」

★湯島のラブホテルでのブレスト(会議)が458億円を生み出した・・・  
  思いつく限り、様々な場所でブレストをした。
  82年は、なぜか湯島のラブホテルでブレストをした。
  窓から下を見ると、年配の人が出入りしていた。その元気がテンションを高めた。
  イヤでも脳みそが揺さぶられた。「フロム・エー」「エイビーロード」「じゃらん」の3つの
  メディアは湯島のラブホテルで生まれた。3事業の総売上高は458億円を超えている。

★たった1つの舌打ちが1000億円をフイにする 
 どんなにたいした発言ではなくても思いきり褒める。

★ブレストは小学4年の放課後だ 
 「あのさ〜僕さ〜」。ブレストの理想の雰囲気は子供時代・・・特にくらたは
 小学4年とぴったりだという。参加者それぞれが自由で馬鹿げた発言をしている。

★伝説となったフロム・エーのプレゼン!チョロQを会長・江副浩正の前に走らせた
 役員会議の席で、チョロQを走らせた。「江副さん、これをご存知ですか?」
 上手い具合に、江副の手におさまった。
 「知ってるよ。大ヒットしてるんだよね」
 「さすがですね。ご存知なら話は早い。チョロQと同じ発想でいこうと思ってるんです」
 つまり、軽薄短小。アルバイトも日本経済にとって重要な役割を担っているというのだ。
 江副はゴーサインを出し、アルバイト専門の「フロム・エー」は誕生した。
[PR]

by misejimai | 2005-12-13 05:33 | 本の帯
2005年 12月 12日

道路拡張のため閉店

e0030939_1944052.jpg今日の閉店貼り紙は先日のガソリンスタンドと同じく、
外苑東通り沿いにあるラーメン屋。用地買収でつぶれました。
近くの不動産屋さんに聞いたら「2、3年後にはこの周辺は
道路になる」とのこと。


ひとひらの通告書と退去勧告書で
早々と閉めたことに後悔はしない
どうせこのまま続けても
たいしたお金にならないのなら
不平を言う前におさらばだ

慟哭に打ちひしがれたのはほんの一瞬

これから店を始めたい人は
狭い道路沿いには作らぬこと
そうさ反面教師にすればいいさ




e0030939_196212.jpg


店は地中に沈み、窒息する
そして2年後、粉塵と砂ぼこりがまみれる道路になる

そのとき、たとえ、道すがらこの場所を
通ったとしても、誰が昔を懐かしむだろう

でも、貼り紙には書きたかった
道路拡張という名の幸せのために
犠牲になったってことを

[PR]

by misejimai | 2005-12-12 19:10 | ラーメン屋
2005年 12月 10日

そば屋 享年40歳

今回の「店じまい」は、新宿区富久町のおそば屋さん。
40年の歴史を誇るという。
e0030939_29894.jpg


コンビニ ファミレス ファーストフード
見ず知らずの言葉たちが食卓に侵食してきても
頑なにそば粉を打ち続けた40年

だいぶそば粉が残ってしまったようです
でも閉まった店に放り投げても、枯れ木に花はもう咲かない








e0030939_322348.jpg
先生「大晦日、日本で一番忙しい職業は
      何かな?」

生徒「はい!おそば屋さんです!
   年越しそばを食べにくるお客さんで
   賑わうからです」

先生「その通り!だからどの店も大体、
    紅白歌合戦は見れずにその年は
    終わってしまうんだそうです。
    大変だね」

生徒「でも先生!」

先生「何ですか?」
生徒「この店は今年はようやく、ゆっくりと見れるんだね。よかったね」・・・
[PR]

by misejimai | 2005-12-10 03:42 | そば屋