店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:文房具屋さん( 2 )


2006年 10月 23日

広尾の風景

昨日は広尾散歩通りのお祭りでした。広尾フェアーという定期的に開かれているイベントです。
e0030939_18504417.jpg



















e0030939_18513783.jpg














商店街のお店はこぞって出店を出し、賑やかさに華を添えるのですが、
そんなお祭りを待たずして閉まったお店があります。



文房具屋さん「輸入タイプライター」。
閉店することを事前に告げる貼り紙はもともとありました。

e0030939_1882581.jpg



















そして10月20日、いよいよ閉店の日です。
e0030939_18213521.jpg


















ご夫婦、そして娘さんが働きます。
写真はご夫婦。
e0030939_18593415.jpg




















クーピーペンシル
e0030939_1914573.jpg

















借りている場所なので、明け渡すことにするという。
次はどんなお店ができるのだろうか
e0030939_19151585.jpg




















ちょっぴり悲しかったので、最後に思わず、こんなものを買ってしまった。
e0030939_19144775.jpg
















閉店 輸入タイプライター
[PR]

by misejimai | 2006-10-23 19:22 | 文房具屋さん
2006年 06月 08日

すべての文房具は消耗品である

e0030939_1802193.jpg今日の店じまいは港区芝にある文房具屋さん、ハットリビジネス。
20年前東京にあった2600軒の文房具店が
今や1000軒。
そして明日でもう1軒、閉まる店を見つける。














e0030939_18141411.jpg
その昔、小学校の前には必ず文房具屋さんがあった
おばあちゃんのひざ掛けの上にはネコが必ず乗っていた

来月80歳になるおじいさん
人に使われるのがキライで脱サラし
50年前文房具のセールスを始めた
店を構えるより客を自ら歩いて探した

23年前
そのアンテナショップを作ろうとここを始めた
清く正しい文房具屋さん
子供のお気に入り 夢の国
店内の独特の匂いもこの店ならではのものになった



e0030939_18204833.jpgでも、
ここ最近の流通の変化(アスクルなど)、
またパソコンの普及、
そして少子化で文房具が売れなくなってきた

鉛筆も使わない、
手紙を書かないから便箋も封筒も
売れない、
一家に必ず1つはあった住所録つきの
電話帳も、
いっぺんに何百件も登録できる携帯電話に追いやられてしまった

5年前から閉店を考えていたけど
ズルズル来てしまった
80歳を迎える前に「店仕舞」しようと
思った




隠居したらゴルフでもやるつもりだ
でも6時に起きて8時には店を開けていた生活から一変する
体調の変化が心配である




e0030939_1804590.jpg
※社長であるお父さんの後ろ姿です

Q 商品が売れ残ったらどうするんですか?
A 福祉団体とか学校に寄付する。あと同業者に
  売れたら売るかな。それでもダメなら処分。
  ゴミだね。

Q 一番の想い出を教えて下さい。
A 「商い」ができたことかな。商人だ。今は
  違うでしょ。販売人でしょ。

Q 継ぐ方はいないんですか?
A せがれも一緒にやってたんだけど、
  「将来がない」って3年前に辞めたよ。
  俺も「それがいい」とは言った。
[PR]

by misejimai | 2006-06-08 18:46 | 文房具屋さん