店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:洋食屋さん( 2 )


2006年 05月 04日

I'm proud

e0030939_23104295.jpg今日の店じまいは、上野のスパゲッティと
カレーライスの店、カプリ。
ライブドアの東京グルメで2万5000軒
あまりの飲食店のトップに立った経緯が
あるという。














e0030939_2331162.jpg
上野アメ横
年中賑わう路地の横
昭和通りに沿った店
29年前の3月に始めた
小さな小さな洋食屋さん

去年病気を患った
検査のために休んだりもした
仕込みに毎日6時間
体力に限界を感じた

それでも29年前の3月に店を始めたから
この3月までやろうと厨房に立った




e0030939_23112720.jpg

最後の1週間は、常連から噂を聞きつけた新規の客から押し寄せ、
休む間もなかったという
それでも、店主のおじさんとおばさんは
嬉しかったに違いない
惜しまれつつ閉めることがいかに誇らしいか
今まで多くの人々に楽しんでもらおうと頑張った
それこそが人生の宝物

[PR]

by misejimai | 2006-05-04 23:38 | 洋食屋さん
2006年 04月 30日

四十八歳の閉店

e0030939_2021061.jpg今日の店じまいは甲州街道沿い、
渋谷区幡ヶ谷の洋食屋さん「コニシ」。

チキンソテー、オムライス、ハンバーグ、ビーフカツ、
ビーフシチュー、ミートスパゲッティ。
昔ながらのメニューすべてが安く、お腹いっぱいになる。
B定食は、ハンバーグ&オムレツ&コロッケ&サラダに
ご飯(どんぶり)とみそ汁が付いて600円!
マヨネーズは確か手作り。

調理場にはいつも、小柄なおばあさんとおかあさんが
いた。息子さんもまだ若かった。


大学生時代、友達のいる幡ヶ谷で飲み明かし、
翌日、店を通りがかり、換気扇から出てくる
デミグラスソースの匂いに、もどしてしまった
ことがある。ごめんなさい




そんな町の温かい洋食屋さんが閉店した。
ちょうど今日が引っ越しと聞いて、駆け付けた。

e0030939_2054760.jpg
ガスも水道、電気もボロボロ
改造費に5,000万円かかるという
取り壊ししかないと決めた

甲州街道の向かい側の家に越すという












e0030939_2022258.jpgシャッターの下に置いてあるのは、
引っ越しのために不要になったもの
通行人に、自由に持って行って欲しいと、
ストーブや食器など、店内にあった
ものを出しているのだ


僕も、手前にある銀の皿を譲ってもらった
創業以来使い続けてきたビーフシチューのお皿だという
今まで何人のお客さんが、このお皿で食べてきたのだろう












e0030939_2051636.jpg





閉店を惜しむ声は日々寄せられる
「もしかしたら、またここを借りてやるか、やらないか・・・
 私も80過ぎてねぇ・・・」

荷造りをしていたおばあさんにお願いしてパチリ


店で働いていたときと同じように、最後まで笑顔だったよ

[PR]

by misejimai | 2006-04-30 20:30 | 洋食屋さん