カテゴリ:理髪店( 2 )


2006年 09月 02日

サインポールは回らない

今日の店じまいは、
「Kai-wai散策」で知った、足立区西新井本町の、
内海理髪店(うつみりはつてん)。
創業40年。体力の限界と建物の老朽化で閉店。
親子2代で来るお客さんも多かった。
子供の頃、このあたりに住んでいて、今は埼玉に居を構える人も、わざわざ
ここに来るという。そういう客に閉店のことを知らせることができなくて、来た時に
驚くだろうと言っていた。
e0030939_19442252.jpg














珍しい手動レバー
e0030939_19515935.jpg

















雨漏りする天井
e0030939_19534357.jpg


















黒電話と電話帳
e0030939_20365767.jpg



















もう回らないサインポール
e0030939_1957163.jpg

















ご夫婦で店の前で1枚とお願いしたが、奥さんは「私は・・・」と言うので、
ご主人に店の前に立ってもらって、閉店記念写真。
閉めても人生があります。ぎっくり腰に気をつけて。お疲れ様でした。
e0030939_19491258.jpg























閉店 内海理髪店
[PR]

by misejimai | 2006-09-02 21:09 | 理髪店
2006年 06月 11日

親の介護のため閉店

e0030939_201780.jpg今日の閉店貼り紙は、世田谷区大原の理髪店、ホシ理容所。
店主および従業員の高齢化によって閉まる店は多い。
このお店は、働いている従業員の
親の介護に専念するために閉める。

















e0030939_2012596.jpg閉店の理由は何も、客足の減少による経営不振とは限らない
再開発のため
建物の老朽化
共同経営のトラブル
借りているテナントの家賃滞納
火災

だが、これから一番大きな原因となってくるのが少子高齢化だろう
談話室滝沢が、少子化が響き、従業員の質が低下、サービスの質を維持することができなくなって閉店したのと同様に、これからは多少給料や待遇を上げてでも人材の取り合いになるだろう
雇う側も甘くなり、
店員も店のコトに疎く、マニュアルさえ覚えられず、挨拶もろくにできない輩が増える



彼らが店を閉めるときは貼り紙など貼らず、
ホームページだけでさらっと告知するようになるのかもしれない

[PR]

by misejimai | 2006-06-11 20:24 | 理髪店