店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:廃刊雑誌の最終号( 1 )


2005年 10月 10日

「平凡」の廃刊号

e0030939_15284623.jpg
今回は閉店ではなく、「廃刊」のお知らせ。
18年前に廃刊に追い込まれた
「月刊 平凡」の廃刊号である。
3年ほど前に神田古書街で買ったもの。
「平凡」の廃刊と前後して、
「平凡パンチ」の廃刊、
「ホットドッグプレス」の事実上の廃刊、
「ポバイ」の路線変更と、
週刊誌が時代を作る、時代の終焉が、
ページをめくる時の音を立てながら、
やってきた。
もう、最後のページまでめくられて
しまったのかもしれない。



もしもし
僕ですけど、僕ですか?

突き指をしなくなったのはいつからか
お空に指で書き順をなぞらなくなったのはいつからか
貯金箱から100円玉だけ握り締めて買い物をしなくなったのはいつからか

子供の頃の僕と会話できる電話があったら、
そんなことを聞いてみたいな

「そう言えば君、
あの雑誌読まなくなったじゃない?」

路上で100円で売られていても
ONE OF THEM
で一瞥して
心の指差し確認だけで
通り過ぎるようになったね

別に好きなものがありすぎて抱えられなくなったわけじゃあるまいしさ
また読んだら
あの時の胸さわぎ
戻ってくるかもしれないよ


特別付録
ピンナップ
ブロマイド

涙をたばねて進む時代の曲がり角
部数を減らしていく青春の教科書


「平凡」の初代編集長はこの最終号でこう言っていた
「平凡はやがて生まれ変わって
新雑誌として創刊されますので、
どうぞ絶大なご支援をおねがいしたいと思います」

書店を探すよ
もしかしてwebだけの特別注文?
でも、18年経った今も
そんな新雑誌はどこにも見当たらないよ
e0030939_15265663.jpg




[PR]

by misejimai | 2005-10-10 15:35 | 廃刊雑誌の最終号