カテゴリ:パン屋さん( 4 )


2008年 03月 24日

人が根を張って生きること

e0030939_22135750.jpg今日の店じまいは、北区滝野川にあるパン屋さん
「丸十カーザー」。
1月31日に閉店。

















e0030939_1193690.jpg
貼り紙の前で写真におさまるのがその店主、山口行夫さんだ。
42年間、コロッケパンやあげパン、魚肉ソーセージが入った
にくパンなど、
街に美味しさと笑顔を届けてきた、滝野川のジャムおじさん。
奥様と二人三脚で営み、商店街の入り口に構える店を
行列のできるパン屋にしてきた。
残り物は安く売らないことがモットー。常に夜7時まで売り切れる店を目指してきた。












e0030939_1281340.jpg
※何もなくなった店内に残る、パンなどの値段が書かれた張り紙。

娘2人が生まれた時点で
後継者はあきらめていたという。
4年前、中山道をはさんだところにあった
池袋商業高校が統合・移転し、
高校生のお客さんが減った。








e0030939_1411053.jpg
風がいつもより強く商店街の幟を揺らしているから
幾分、僕の声も大きくなる
BGMはひな祭りの曲だ
ループで流れるのん気な音が、真面目すぎる話を茶化している
2月末の散歩 
偶然の来訪 
3月1日の取り壊し
僕はこのジャムおじさんと話した
でも店にはパンの残り香はどこにもなかった











e0030939_25242.jpg

「次はタバコ屋になるんだ」
そう言ったジャムおじさんの顔が赤いのは
ほろ酔いじゃないぜ
やり終えた満足感で顔が紅潮してるんだ
風はまだ強い













話を聞いている間じゅう、山口さんは行きかう人とみんな面識があるのか、
挨拶が絶えなかった。
商店街を歩くとそこかしこに、立ち話の花が咲いている。
声がある商店街がうらやましく感じた。
[PR]

by misejimai | 2008-03-24 02:11 | パン屋さん
2006年 06月 24日

おいしいクロワッサン

今日の閉店貼り紙は、
飯田橋駅前にある箱根ベーカリー飯田橋店。
本店はもちろん箱根。
そもそも、都内の営業拠点として事務所を飯田橋に構えたときに、
副業としてこの店をやっていた。
箱根・小田原方面でチェーン展開を図りたいため、都内のこの店を閉めたという話もある。
e0030939_18265972.jpg






















e0030939_19101141.jpg















いいじゃないか、閉店の裏に何があったって
パンが美味しければ
焼き色も良く、普通より2倍も大きいクロワッサン
ちぎると広がるバターの香り
サクサクと歯切れは抜群
何個でも食べられるから不思議

[PR]

by misejimai | 2006-06-24 19:41 | パン屋さん
2005年 11月 10日

パン屋の閉店

今日見つけた閉店の店は、
墨田区石原のパン屋・カプチーノ。

e0030939_1171243.jpg
明日はわが店
駅を出た人々の波が何の疑問もなく
コンビニにどんどん入っていく姿を
見たとき、商店街の行く末を見た

慣れとは怖いもので、例えば魚屋で
久しぶりに何かを買おうとすると
少し緊張している自分がいる

自分が何者でもなく、
何者にも見られていない安心感

客がスーパーに入れば入るほど、
小売り店のおじさんは、
あまりの客の少なさに
何回も
必要以上に
店を出て通りを仰ぐんだ




e0030939_119229.jpg




サボテンに話し掛けると
よく育つってさ
でも潰れた店に話しかけても
何も応えてくれないよ
ワンワン











e0030939_123508.jpg

                               トンクは、もうこの店では永遠に
                               パンをつかまないのかな

[PR]

by misejimai | 2005-11-10 01:39 | パン屋さん
2005年 10月 05日

消費税に散ったパン屋さん

e0030939_1823820.jpg



今回の閉店は渋谷・道玄坂小路のパン屋、
「フレッシュマンベーカリー」。
実は8年前の1997年に閉まっている
のだが、店舗自体は残っており、
入り口には、閉店を伝える当時の新聞の
切り抜きが貼ってあった。







e0030939_18185942.jpg



e0030939_18221294.jpg
「お客さんの喜ぶパンを安く食べてもらおう」というモットーから、
1個130円から200円という安さで手作りのパンを作ってきた。

昼間は近くの会社や店に勤める人でにぎわった人気のパン屋さんだった

しかし1997年、
ご主人は消費税が5%に上がると聞き、
「お客さんのために値上がりしたくない」
と店を閉めることを決めたという

お客さんには閉店の1週間前から貼り紙で知らせた
それを見て、毎日買いにきたOLは
最後の日、
「おいしいパンをありがとう」
とプレゼントを持ってきてくれたという



今、この界隈で威勢がいいのは、風俗店の客引きの声だけだ

渋谷に宿る退廃の中で 店は赤胴色の輝きを放ち
今 自らセピア色に成り代わり 高らかにノスタルジーをうたうのだ


ふと振り返るとパンのいい香りがした

なんだ、雨の匂いか
[PR]

by misejimai | 2005-10-05 18:36 | パン屋さん