カテゴリ:店の跡地には( 14 )


2007年 04月 04日

スパゲティ屋→焼肉屋

神保町、靖国通り沿い。
e0030939_18142997.jpg



















1カ月後。
e0030939_18174592.jpg
[PR]

by misejimai | 2007-04-04 18:20 | 店の跡地には
2007年 02月 19日

・・・?→?→牛丼屋→ステーキ屋→?→?・・・

情報をいただいたので、店の跡地に行ってみた。
下の写真。
一昨年夏、東五反田。
松屋の隣のテナントは以前は吉野家だった。

e0030939_15504795.jpg



















そして現在は、
e0030939_1525164.jpg

















ステーキ屋のペッパーランチ
1年前の2月17日にオープンした
カウンターはもちろん、キッチンシステムも残っており、
次の店にいきなり違う業種は入らない
設備投資がその分省けるからだ
飲食店の次は飲食店
順調に売り上げも伸ばしているという
次は何になるのかと変な思いを巡らせてしまう自分がいて怖い




帰り道、
老いて、しわくちゃな、風にさらされるだけの建物の群れを撮っていると、
1人の老人が近づいてきた
「何か載せるの?」
「いえ趣味で」

おじいさんはビルの地主だという
視点を定めず、どこを見ているのか分からないのに、
僕が視線を外すと、凝視する

ビルには小さいスナックやキャバレーが蟻の巣のように入居していた

いつもの名刺を渡すと、
延々と五反田の盛衰を語ってくれた
向こうに見える建設中のマンションは以前コンビニで、その前が喫茶店、その前が八百屋・・・
ここの焼肉屋は以前キャバレー、その前が薬屋・・・

生き字引の昔話とともに20分の時空の旅

今そこにある店も、何十年、何百年前は別のお店だった
感傷に浸るより、人類が営々と営みを続けているように壮大な歴史がそこにあると思うと、
何か夢とロマンに近い気持ちが沸いてくる
半径3mのヒューマンミステリー

[PR]

by misejimai | 2007-02-19 16:41 | 店の跡地には
2006年 11月 06日

恵比寿ラーメンのその後

今日は、8月20日に紹介した恵比寿ラーメンのその後。

e0030939_22494138.jpg
僕が生まれた翌年に産声をあげたラーメン屋
途中からは、お母さん1人で育ててきた店
草分けがいて、はじめて新興勢力も輝くけど
その東京ラーメンのドアを開けた草分けは海外へ行く













e0030939_22502338.jpg
3カ月ぶりのえびす様
「久しぶり」と彼は言ってくれたけど
その声はかすれている
ちゃんと顔をあげて驚いた
君、ずいぶん、はげてきたね
でも体格は相変わらずだね
「上海に行くんでしょう、少し痩せたほうがいいんじゃない?」と
言ったみたけど
鉄柱でよく見えない
それとも合わせる顔がないの?







e0030939_22505742.jpg
帰りは、通ったことのない道で帰ろう
そうすればまた店から、
おばさんのいつもの声が聞こえてくるのではと思ってさ
でも来たのは工事のおっさんだった

[PR]

by misejimai | 2006-11-06 22:55 | 店の跡地には
2006年 11月 02日

戸川書店は今

恵比寿駅前にある戸川書店。
西口のすぐ右にある。
e0030939_9475771.jpg


















5月のときはこんな感じで貼られていた。
e0030939_9562899.jpg






















5カ月後には、別のテナントが入っていた。
e0030939_10102113.jpg






















閉まった店のあとに不動産屋。
その不動産屋はいろいろな場所にいろいろな店の種をまき、
店はまた閉まり、開き、閉まり、また開く。
e0030939_9592735.jpg
[PR]

by misejimai | 2006-11-02 10:25 | 店の跡地には
2006年 08月 01日

交通博物館の今

5月14日を最後に閉館した交通博物館に久しぶりに行ってみた。e0030939_1135212.jpg






















e0030939_1310563.jpg

















最終日、あれほど人でごった返していたというのに、
あれほど子どもたちの歓声でにぎわっていたというのに、
そこには誰もいなかった。

e0030939_131302.jpg















あの最終日、交通博物館の心電図は、まさに消える寸前の灯火のように激しく波打ち、
その最後を惜しむ人が駆けつけ、彼を囲んでいた

だが、
ガタン、ゴトンという心音が聞こえなくなり、
波形が一直線になった今、

そしてピーッという汽笛にも似た連続音を発する電源が切られた今、
何事もなかったようにみな、歩いている

あとは解体を静かに待つばかりである

[PR]

by misejimai | 2006-08-01 13:14 | 店の跡地には
2006年 07月 27日

2カ月後

e0030939_1753845.jpg今日の店じまいは、
浅草・花やしき前にあった
鯛焼き屋さん、「花めでたい」。
当初は、花やしき名物にしたかった
ようだ。
裏にはバンダイの子会社が絡んで
いるらしい。
だが企業が鯛焼きを作っても、
何か美味しさが伝わってこないというか・・・
コロッケはフランチャイズされているが、
鯛焼きはやはり、浪花家のように味を
伝承してほしいと勝手に思う。







その貼り紙。
e0030939_1761438.jpg




















そして2カ月後・・・

e0030939_1764581.jpg

新しく出来ていたのは、
「やす兵衛」というお寿司屋さんだった


その店の前は別の店がある
その店の後にも店ができる

外見が鯛の形だったのが、
今度は本物の鯛が食べられるようになった
次のお店は何だろう

[PR]

by misejimai | 2006-07-27 17:34 | 店の跡地には
2006年 05月 07日

ボンベイ跡地

e0030939_13353181.jpg今日の店じまいは、
千葉県柏市の
カレー屋さん
「ボンベイ」。
跡地は城南予備校と
いうことだが、まだ
カレーの匂いが
漂ってないか確かめに行く。

・・まあ、残っているハズもない。




▲城南予備校柏校  「別れた彼女のことなんか忘れろよ」と言わんばかりにそびえ建つ



ボンベイ 入学案内のお知らせ

カレーの店 ボンベイは総合力が違う!
万全な味のバックアップで、君をきっと幸福へと導く!

カレー界きっての実力メニュー陣が勢ぞろい!
ご主人の鈴木忠夫氏は、知る人ぞ知るカレー界の超人シェフ!
難関カレー部志望者に絶大な支持を受けている最高レベルの食事を展開。
圧倒的な幸福実績、 これがボンベイの自信です。

店内では、「美味しいカレー」を通して「食べる楽しさ」を実感しながら、 食事に必要なマナーを高めます。

また、 注文する志望品も1つにとどめず、
様々なメニューの中から自分自身にとって最適なものをチョイス!
カシミール・インド、野菜・ビーフ・ドライ。
ベストなカレーを探すことは、常連となる上で最も大事な作業です。

辛さのレベル別に細かく編成されたメニューで効率良く食欲アップが
図れるようになっています。

特に一番人気は激辛のカシミールカレー!
厳選された20種類の香辛料をベースに、幸福への最短距離を導き出す、味の絶対セオリーを
開発! 
さらにこの激辛を突破するため、スープの中にニンジンやタマネギをすりおろした物を
加えました。これこそ味の驚異的な追い上げ!

さらに!また、カレーを食べた想い出をきちんと定着させるサポートシステムも万全。
ボンベイでは、食後にコーヒーがもれなくついてくる!
舌のヒリヒリ感もグングンアップ!!


食事に集中できる環境づくり。さまざまな角度からキミのことを考えています!
お客さんの立場にたった理想的なカレー屋だから、
「食べる・美味しい・また行きたい」!

道を決めたキミも、まだ迷っているキミも、
ともにサポートする カレーの店ボンベイ


JR柏駅東口徒歩5分!アクセスの良さが魅力です!
電話・0471-66-3336(不通)


閉店のお知らせ


さようなら。お元気で。
[PR]

by misejimai | 2006-05-07 14:14 | 店の跡地には
2006年 04月 29日

自転車の巣窟

e0030939_2145051.jpg1つの店が潰れると、別のテナントが入るまでは大体自転車置き場と化す。

だが、店が閉店するというのは、人で言えば死んだのと同じだ。
人の墓の前に座ったりしたらバチが当たりそうな思いを抱くのと同じように、
閉まった店の前に、自転車は停めないでもらいたい!






e0030939_21452676.jpg

しかし、
誰か1人がやると、連鎖反応が出るというのは人の常。













e0030939_21455127.jpg


車の路上駐車や、長く放置された自転車のかごに、
取り出すのに躊躇してしまうほどの紙くずやジュース缶が入るのと同じ。
人の甘えは伝播するものだから、仕方ないのかもしれない。


で、大体、閉まった店のシャッターには、
「神経症は君だけじゃない」というのと、
「世界旅行の船旅」のポスターが貼られる。
[PR]

by misejimai | 2006-04-29 21:55 | 店の跡地には
2006年 04月 01日

ガソリンスタンドみたいな蕎麦屋

今日の店じまいは、「店の跡地」の利用について考える。
ガソリンスタンドの跡地の利用はかなり難儀らしい。

地下に埋まっているタンクを掘り返すのにかかるお金はおよそ、一千万円!
半分は国が負担するが、残り半分は次の事業者が出さなくてはならないらしい。
しかも土壌汚染やら何やらのちに出る影響を思慮して
(そういう悪いイメージが先行している)、なかなか次の買い手がつかないという。


そんな中、ガソリンスタンドをそのまま再利用した蕎麦屋があるという情報を聞きつけ、
仕事終わりで静岡は伊東まで車を飛ばした。

e0030939_6455950.jpg
















レギュラー 満タン 現金で
そんな言葉を叫んでみても広い敷地に空しく響くだけ
蕎麦屋は確かに存在してた
いやに奥まったところにある
ガソリンスタンドだった頃はスタッフが詰める事業所だ



e0030939_11241937.jpg
















店長の秋庭さんは言った
できてからまだ3カ月なんですが苦戦してまして・・・
会話の半分にこの「苦戦」という言葉が出てきた
よほど苦しいのだろう

沼津に近い函南(かんなみ)には同じように支店があるのだが、
実はそこもガソリンスタンドを再利用しているのだという

さらにこの苦しい台所事情の中、次は富士宮に出店するらしい
今度はもともと牛丼の吉野家があった店舗をそのまま利用するのだという
つくづく、再利用好きだ


e0030939_1116443.jpg















記念にと山菜そば650円
「つなぎ」を一切使用しない100%の十割そばなんです
「つなぎって、働く男が着る服のことですか?」
僕の頭は帰るまで、昔あったはずのGSでいっぱいだった



e0030939_11105010.jpg




いらっしゃいませ~こちらへどうぞ
オーライ オーライストップ、
いらっしゃいませ!
レギュラー満タンですね
ありがとうございます!
お客様、灰皿・ゴミは
宜しかったでしょうか?
・・・・・

静岡県伊東市吉田
そばde十割で見た幻影

[PR]

by misejimai | 2006-04-01 11:33 | 店の跡地には
2006年 03月 11日

長靴下の現場

今日の店じまいは、江東区森下のとある工事現場。
工事現場のおっちゃに聞けば、もともと製鉄工場があったらしい。
マンションになるという。
e0030939_1293161.jpg




長靴が干せる細い鉄柱
柱がどんどん伸びていく
宙に
宙に
悲しみを肥料に

[PR]

by misejimai | 2006-03-11 01:30 | 店の跡地には