カテゴリ:写真屋さん( 5 )


2006年 01月 22日

空の写真屋さん

友人からいただいた閉店写真と文章。
東京空港カメラといって、羽田にある写真屋さんだという。


e0030939_1216543.jpg
飛行機旅行が好きな私は、羽田空港に戻って
来ると、
空港の写真屋にフィルムやメディアを
預けて帰宅する事が多い。
一ヶ月前も、普通に写真屋に預けて帰宅した。
ソシテ今日、店に行ってみると…
まさか自分が餌食になるとは思わなかった。
空港カウンターに聞いても連絡先はすぐに
判らず、
たらいまわしにされたので諦めた。
私が11月に撮った写真達は、もう地球に帰ってしまっただろうか…。



e0030939_12193735.jpg

出発前、そして帰ってきたとき、この店に立ち寄ればさっきまでいた旅先で撮った
写真を早速現像することもできたはず。
閉店はそんな人たちの1つひとつ楽しみを奪っていく。

[PR]

by misejimai | 2006-01-22 12:28 | 写真屋さん
2005年 11月 05日

悲しみフエルアルバム

今回の閉店の貼り紙は、
新宿駅構内のDPE屋さん。
店は閉めたものの、現像写真をまだ取りに来ていないお客さんがいるらしい。


e0030939_459610.jpg「忙しい」とは言い訳の言葉
守れない約束なら言わないほうがいい
指きりげんまんした真夏の僕は卑怯者

「また来るからね」
「写真、早く送るからね」
母方の祖母に告げたはずの約束は置き去り・見送り・先送り

母・妹そして僕・・・おばあちゃんを囲んで撮った写真
早く見てもらおうと思ったのに

現像して送ったときには、痴呆が進んでいた
母からの電話で「写真を見ても何も感じていないようだ」と告げられて
僕は今や、おばあちゃんに笑顔の咲く日を遠くから祈ってるだけの卑怯者

ブラインドを今日も見つめているおばあちゃんは僕が約束を破ったことさえ判らない



                          デジカメプリントだからと余裕をかましていると
                          しっぺ返しが来ます
                          だから、まだ取りに行っていないお客さんは
                          取りに行って欲しいのです
                          だって、その写真で1つ笑顔が増えるなら

e0030939_459322.jpg

[PR]

by misejimai | 2005-11-05 05:05 | 写真屋さん
2005年 10月 29日

手書きの閉店

今回の閉店の貼り紙は、
新宿・大久保の小滝橋通り沿いにあった写真屋さん、西川フォート。


e0030939_18145740.jpg右の手の平に入ったままの鉛筆の芯が、今も僕を見つめている
でもごめん。 もう、鉛筆を握っていた感触など忘れてしまったよ

それでも匂いだけは覚えている・・・黒鉛の匂い・・・だよネ?

そう言えば、文字を書くときはいつも匂いと一緒だったな

マジックのすえた匂い…
中学の天文学同好会で夜遅くまで模造紙に報告を書いたっけ
下に何も敷かずに床にマジックが染み出して怒られたよなぁ

クーピーペンシルの匂い…
クーピーが入っている缶ケースの上ぶたをペコペコさせるのが好きだったな
でも12色揃ったことはなく、歯抜けみたいに1人は必ず欠席
してた

クレヨンの匂い…
おばあちゃんの葬式の日 以前おばあちゃんから買ってもらった
マクロスの塗り絵帳 もう塗り終えていたのに なぜか重ね塗り



どの筆記用具もみんな大好きだったよ

だから・・・

閉店に際してこんなことを言うのも失礼だけど
「手書き」の貼り紙が嬉しいんだ

でも・・・
もう一度謝ります

同じ字をジャポニカ学習帳に書いていたら、
何の字か分からなくなってしまったように、

この先、次から次へと閉店を繰り返すと、
何も感じなくなってしまうのが怖い


厚さ1cmの電脳の窓と
指先だけが外界をつなぐ僕からの
手書きではないメッセージです


e0030939_18164293.jpg

[PR]

by misejimai | 2005-10-29 18:16 | 写真屋さん
2005年 09月 24日

デジタル化の波で閉まる写真屋さんをデジカメで撮る

e0030939_2543315.jpg


今回の閉店の貼り紙は荒川区荒川三丁目・仲町通りにあるカメラ屋。
現在は残務整理に追われている。
本店を経営している叔父さんは体調を崩している。












e0030939_2553689.jpg
「赤ん坊の頃から泣いて困った」と祖母は言った
僕の1歳のときの写真は泣き顔しかない

定期入れに入れておいた浅香唯のブロマイドを
友達に見られた

高校の卒業式 「そんなに撮らなくていいよ」と
母に言ったら悲しそうな顔をした


たいせつな時間はすべてカメラとともにあり、
写真の中で生きてきた



そんな写真を現像し、何千、何万という笑顔を見てきた写真屋さんが消えている

そんな閉店をおさめるために僕が手にするのはデジタルカメラ

[PR]

by misejimai | 2005-09-24 02:49 | 写真屋さん
2005年 08月 30日

街の写真屋さんは今いずこ

 DPEショップ「55ステーション」倒産。

「写真できたよ 送ります」
好きな あのコに 近づくために
一緒に 撮った 2ショット
街の 写真屋 駆け込んで
現像 頼んだ 17の夏
「めいっぱい、引き伸ばしてください!!」
かれこれ4日も経ったとき
待ち焦がれていた写真の完成

一にも二にも出来上がり
確かめたくて封から出すと
あのコの笑顔が現れた
思わず僕も笑顔で返す

「好きなのかい?」
店の親父に 感づかれ
「がんばれ」激励 背に受けて
写真を入れて 切手を貼って
ポストの前で神頼み

手紙の最後にこう書いた
「これから2人の写真を増やしていこう 好きです 返事待ってます」
・・・あのコの返事も引き伸ばし


e0030939_4332080.jpg

「写真できたよ 送ります」
そんな 口実 古いわと
先行く デジカメ 笑ってる
今じゃ 時代も進んだもので
コンビニ プリント 気楽なものね
撮ったそばから プリントし
その場で 渡せる 気軽なものも

どこ行く 写真のありがたさ
現像までの 待ち時間
それが いじらしく いとおしく
もらった 喜び 倍増させた





すぐに すばやく スピード化
待つこと知らない日本人
待つこと忘れた日本人

誰かと どこかで 待ち合わせ
携帯 持って 場所確認
そそくさ いそいそ 風情ゼロ

信号横断 交差点
青じゃないのに フライング
そのくせ 赤でも ノロノロ歩いてる

そんな 日本に 誰がした?
「そうだ、首相に手紙書こう」
しかし 彼の頭を 占めるのは
目下 郵政民営化
手紙を 出すのは やめました
あの日のポストの 前でやめました
どうすりゃ いいんだこの 日本
ポストは あんぐり 口開き
返事は 結局 引き伸ばし


少し 本題 それました
ご覧に なってる 上の写真
もちろんと言うべきか デジカメで撮りました

街の写真屋 つぶしているのは他でもない我々で
世知辛い世の中にしているのも疑いようもなく我々で
物騒な時代を引き起こしているのも、その時代を生きる我々で


また本題それました
さよなら 
ごめんね
55ステーション

[PR]

by misejimai | 2005-08-30 04:49 | 写真屋さん