店じまい・店びらき ~閉店のヘキレキ~

misebiraki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ミュージアム( 1 )


2006年 10月 30日

餃子よりパチンコ

e0030939_16234367.jpg今日の店じまいは、宇都宮餃子共和国。
去年の7月にオープンし、今年の6月に閉館。1年ももたなかった。



















e0030939_16253466.jpgまだ建物と館内の施設は残っている。




















e0030939_16273719.jpg



















e0030939_16291161.jpg
餃子の消費量日本一の栃木県宇都宮市。
市内には30軒の餃子店がしのぎを削っている。
だが、店が方々に分散していて楽しみづらいといった観光客の不満を解消するため、
有名店舗を一堂に集結させたのがこの共和国だった。

地元を代表する7店舗と、全国の餃子の町を代表する4店舗が400坪の敷地内に
ひしめきあっていた。
宇都宮の餃子の歴史が分かる資料館もあった。


e0030939_16411463.jpgプロデュースはナムコの「チームナンジャ」。
ナンジャタウン、自由が丘スイーツフォレスト、横濱カレーミュージアムなどを手がけている
フードテーマパークの旗頭である。

出資は千葉県にある大日商事。主にパチンコ事業がメインの会社が、
初めてこうしたテーマパークの運営に乗り出した。






e0030939_16425195.jpgだが、大日商事が5月、突然、撤退を発表した。
理由は「コスト面の問題と、本業であるパチンコ店の競争激化に伴う強化のため」だという。

わずか11カ月での閉館。
しかし「売り上げは順調だった」という。


だが、宇都宮駅から相当離れている。車で行っても10分。歩くと40分はかかるのではないだろうか。
しかも去年秋、無料送迎のシャトルバスが減便し、土日祝日のみになっていた。
駐車場は1000台収容できた。しかし餃子といえば、やはりビールは飲みたいものである。
ビールが飲みたいのであれば、車では行けない。
もし駅近くにあれば、もっと状況は違っていたかもしれない。




実はここはもともとジャスコ宇都宮店だった。
次はどんな店舗が入るのだろう。
どんな店でもいいが、
今度は宇都宮の将来をきちんと考えてくれる事業主であってほしい。
[PR]

by misejimai | 2006-10-30 16:51 | ミュージアム